母子相姦【ストーリー】
最近、太り始めたことが気になっていた凛花は、日頃の運動不足を解消しようとストレッチを始めることにした。しかし、一人ではなかなかうまくいかず、息子の直樹に手伝ってもらうことにした。だが、思春期の息子は凛花の張ち切れそうな胸やむっちり肉付いた巨尻が気になり、徐々に凛花を母から一人の女として意識してしまうように…。


<ストレッチをする母 帰宅した息子に手伝わせる>
cs_ctv1780_02
母のレオタード姿に欲情する息子 そしてストレッチの最中にバランスを崩し
cs_ctv1780_03
思わず母の胸を触ってしまう 「早くどきなさい!」 拒むが触り続ける息子
cs_ctv1780_05
「母さんがこんなレオタード着てるからいけないんだよ」 「もうやめなさい!」
チンコを出そうとする息子 「我慢出来なくなっちゃった」 「それだけはやめて!」
息子をビンタする母。 「ごめん母さん・・・」



<自室に戻り、思い出しオナニーする息子 「母さん・・・」>
cs_ctv1780_09
息子の妄想開始 「母さん乳首硬くなってるよ」 「気持ちいい♪」
cs_ctv1780_16
手マン&クンニ 「僕の事も気持ち良くして」 フェラ
cs_ctv1780_19
「母さん入れたくなってきちゃった」 正常位→騎乗位 「なおき♪気持ちいい♪」
cs_ctv1780_20
バック→正常位 「我慢出来なくなっちゃった。このまま出すよ」 中出し。



<入浴中の母 息子との出来事を思い出す>
cs_ctv1780_30
「なおきやめて・・・ダメなの・・・」 オナニーして果てる。



<ある日の夜 帰宅する母 「酔っ払っちゃったみたい。先に横になるわ」>
cs_ctv1780_31
母は寝室へ その後、母のケータイが鳴る 見てみる息子
cs_ctv1780_32
母の寝室へ 「母さん電話・・・あっ」 母の脱ぎ捨てた服に欲情する息子
cs_ctv1780_34
眠る母の胸を触ってみる すると目覚める母 「何してるの!?」 「この前の続きしようよ」
cs_ctv1780_38
「ダメよ!やめなさい!」 「我慢出来ないよ」 続ける息子 母を四つん這いにして手マン
cs_ctv1780_40
チンコを触らせてフェラしてもらいパイズリ 「入れても良いでしょ?」 
cs_ctv1780_45
「それだけはやめて!近親相姦になっちゃうでしょ!?」 構わず挿入 正常位→騎乗位
cs_ctv1780_49
バック→正常位 「なおき気持ちいい♪」 「僕もう我慢出来ない。このまま出していい?」
「ダメよ!このまま出しちゃ!」 「もう我慢出来ない・・・出ちゃう・・・」 中出し。



【評価】
お母さんの演技が下手。
拒むセリフはワンパターンでそれを繰り返すだけ。
そして拒んでいたかと思いきや、挿入後はすぐに感じて喘ぐだけ。

下手なのは制作側も分かっているよね?なのになぜ対策しない?
セリフが思い付かない創造力のない女優さんなら、
スタッフが考えてカンペに出して言わせれば良いのに。

「挿入してもすぐに喘がずにに少し拒んでから徐々に感じ始めてください」
そのぐらいの演技指導出来るよね?なぜしない?まさか指導してこれじゃないよね?
SEX以外のシーンでは演技指導しているだろうけど、SEXの演技をメインに指導しないと。

ストーリーも安直だしさ。
なぜ息子はレオタード姿のお母さんに欲情したのさ?
なぜお母さんは息子に迫られた事を思い出してオナニーしたのさ?
そしてなぜSEXしてしまうのさ?

その根本的な理由が描かれていない。
別に奥深いストーリー展開にしろとは言わないが、それぐらい説明しろよ。
「そんなの見れば分かるでしょ。考えれば分かるでしょ。」 そんな作り方はやめろ。

本当、惰性で作っているのがよく分かる作品。

母子相姦
この商品のサンプル動画(byDMM)
この商品の詳細(DMMへ移動)
【呼称】 「なおき」 「母さん」
【SEX中の会話量】 最少
【SEX中の主導権】 子
【母の声・口調】 普通
【母性度】 中
【背徳度】 無し