母子相姦AVレビュー

母子相姦AVファンの『レビューは俺たちの欲する情報を!』 …という期待に応えたい。

2015年11月

母と息子の近親相姦旅行 小早川怜子

母子相姦【ストーリー】
温泉宿で美母、怜子が息子とのセックスに身悶える禁断の近親相姦物語。日頃から息子の視線に性的な欲望を感じていた母はこの旅行で息子に正気になるように説得を試みる。しかし怜子は「母」としてではなく「女」として情熱的に身体を求めてくる息子に強引に犯されることを密かに期待している自分にも気づいていた。


<温泉宿に到着 ビデオを回す息子>
cs_tma0981_01.jpg
「もう何で私なんか撮ってるの?ねぇどこか行こうよ♪」
cs_tma0981_02.jpg
急にズボンを下ろしチンコを出す息子 「いいでしょ?してよ。ねぇお願い」
cs_tma0981_03.jpg
母は拒むも強引に手コキさせる 「舐めて?」 「ダメよ」
なんとか手コキで誤魔化す母 最後は手コキ射精。



<入浴中の息子 そこへ母が来て身体を洗ってあげる>
cs_tma0981_05.jpg
母を強引に入浴させる息子 そして母に迫る 「ダメよ・・ダメだってば」
cs_tma0981_09.jpg
母は拒むも強引に愛撫を続ける 「ダメ・・・ダメよ」
cs_tma0981_13.jpg
逃げようとする母を制止してクンニ&手マン
cs_tma0981_17.jpg
脱衣所に逃げる母 「どこに行くんだよ?おい舐めろよ」 急に口調が荒くなる息子
cs_tma0981_21.jpg
今度は風呂場に逃げる母を追い強引に挿入 立ちバック→正常位で無言で中出し。



<一人で入浴する母を盗撮する息子>
cs_tma0981_23.jpg
すると自分の胸を揉みはじめる母
cs_tma0981_25.jpg
シャワーで身体を流すが股にシャワーを当て感じる母。(中途半端に終了)



<布団を敷く2人 「電気消すね」 「うん、おやすみ」 しかしビデオを回す息子>
cs_tma0981_28.jpg
「ねぇ母さん、そっちの布団行っていい?ねぇ一緒に寝たいよ。ダメ?」
無言で招き入れる母 「やった」 布団に入り母に甘える
cs_tma0981_31.jpg
強引にキスし 「おっぱい見せて」 浴衣を脱がせて身体を舐め回す
cs_tma0981_38.jpg
「僕のも舐めて?」 躊躇するが観念してフェラ すると無言で勝手に口内射精
cs_tma0981_45.jpg
「母さん入れたいよ。入れて良いでしょ?」 勝手に挿入 正常位→バック→立ちバック
cs_tma0981_46.jpg
騎乗位→正常位で無言で勝手に中出し。
「ねぇ母さんお掃除してよ」 お掃除フェラさせる。



【評価】
展開がダラダラ遅く無駄なシーンが多い。
・露天風呂でのシーンでお母さんはダラダラと脱衣
・一緒に入浴した後にダラダラと時間をかけて愛撫
・お母さんは風呂に入っているだけなのかオナニーをしているのかよく分からないシーン

そして意味の分からないSEX。
お母さんは拒んだり逃げようとするのは分かるが、
SEX中に喘ぎ声を押し殺す意味が分からない。
感じている事がバレるのが嫌だから?
息子も息子で無言で射精するし。それじゃいつイッたのか分からないだろ。
しかもSEX中に会話をしないから親子らしさもない。

そもそも、物語の設定やお母さんの感情が分からない。
(ストーリー欄に書かれてあるようには描かれていない)

なぜ温泉旅行に来たのか。
温泉旅行に来る前から母子相姦の関係にあるようだが、それはなぜなのか。
既にその関係にあるのになぜお母さんは拒むのか。
なぜ中出し&お掃除フェラを当たり前のようにさせるのか。
なぜ息子の顔はモザイクなのか。なぜ息子はビデオ撮影をしているのか。
さっぱり分からない。

結局の所、温泉旅館で拒むお母さんを強引にSEXしているだけ。
設定や演出が殆どない駄作。

このレーベル、基本はロリータ・コスプレ・女子校生物を中心に、
色々なジャンルを作っていて、たまに熟女物に手を出しているみたいだけど、
母子相姦物の作り方は知らないみたい。
この世界を知らないからこんな出来になったに違いない。

なぜこのジャンルに手を出す?熟女に手を出す?理解できん。
一貫性のないレーベルはこれだから・・・。(笑)

母子相姦

この商品のサンプル動画(byDMM)
この商品の詳細(DMMへ移動)
この商品の詳細(DUGAへ移動)
【呼称】 「?(全く呼ばない)」 「母さん」
【SEX中の会話量】 最少
【SEX中の主導権】 子
【母の声・口調】 普通
【母性度】 中
【背徳度】 無し

近親相姦 五十路のお母さんに膣中出し 松下美香

母子相姦【ストーリー】
美しい五十路母は、幾つになっても甘える長男を溺愛し求められるまま熟した肉体を愛撫させていた。そんな母と兄の行為を知った次男は激しい嫉妬と歪んだ愛欲から母の肉体を貪り昇天させる。


<ある日 母に甘える長男 「母さん膝枕して」>
cs_rby1771_02.jpg
「しょうがない子ね♪何でそんなに甘えん坊なの?」 膝枕→キス→胸揉み
cs_rby1771_04.jpg
「母さん下も見ていい?」 「いいわよ♪」 手マン&クンニ
cs_rby1771_06.jpg
次男が帰宅 声のする部屋を覗く 「兄貴と母さん・・・何やってんだよ!?」
気付かず続ける母と長男
「じろう(次男)が帰ってきちゃうから今日はここまで♪」 キスして終了。(射精なし)



<洗い物をする母 そこへ次男が来て母に抱きつき強引にキス>
cs_rby1771_08.jpg
「何するの?じろう!よしなさい!」 「兄貴とあんな事してるくせに」
「え?何あんな事って?」 「見ちゃったんだよ」
「何を?」 「母さんと兄貴がいやらしい事してるの」
「何かの間違いよ」 「間違いじゃないよ」
cs_rby1771_11.jpg
初めは拒むも 「感じちゃうそこ・・・気持ちよくなってきちゃった・・・♪」 手マン&クンニ
cs_rby1771_15.jpg
そしてイカせる 「兄貴と俺どっちが気持ち良かった?」 「じろうの方が上手だった♪」
cs_rby1771_19.jpg
「こんなに大きくなっちゃって♪すごいのね♪」 フェラ
「じろうそんなに気持ち良いの?」 「あ~イクよ・・・イク・・・」 口内射精。



<入浴中の母>
cs_rby1771_23.jpg
「じろうとあんな事しちゃった・・・あ~じろう・・・♪」 オナニーして果てる
cs_rby1771_25.jpg
すると次男が入ってきて母の身体を洗ってあげながら愛撫 その後、手マン&クンニ
cs_rby1771_27.jpg
「僕のオチンチン挟んでよ」 「分かった♪」 素股
「あ~じろうすごい♪気持ち良い♪じろうのすごいの♪」 キスして終了。(射精なし)



<寝室へ移動し 「母さんもう我慢出来ないよ」>
cs_rby1771_30.jpg
「でもこの事はお父さんといちろうちゃん(長男)には秘密にしてね?」
「いちろうちゃんとはこんな事した事ないんだから」 「絶対秘密にするからさ」
cs_rby1771_41.jpg
いつもの愛撫の流れから クンニ&手マン フェラ&69
cs_rby1771_47.jpg
「我慢出来ないわじろう♪」 正常位→騎乗位→バック
cs_rby1771_43.jpg
「あ~じろう激しくしちゃダメダメ~♪」 側位→正常位
「じろうイッちゃいそう♪」 「あーっ」 最後は正常位で中出し→キス。



【評価】
息子が2人居る意味が分からない。
長男とはクンニ&手マンのみで、本番どころかフェラすらしない。
それなのに長男より後から関係を持った次男とは最後まで行う。

長男の存在理由は?
お母さんと長男の行為を次男が目撃する為だけの役柄?
お母さんは次男よりも長男を溺愛している感じなのに。

その次男とのSEXは、初めは拒むがすぐにその気になるお母さん。
まぁすぐその気になっても良いんだけど、
背徳行為をしているんだという意識を持ちながら行って欲しい。
それを言葉にしてさ。ただ「気持ち良い♪」と喘いでいないで。
息子も無言でやってないで喋れよ。

そもそも、お母さんと兄貴の行為を目撃したからって何で自分もしたがるのさ?
嫉妬?相手はお母さんだよ?普通なら「気持ち悪っ」ってなるでしょ。
お母さんの事が好きだったの?それとも他に理由があるの?
そういう心情を表現しろよ。言葉にして。演出が足りないんだよ。

唯一、評価する点があるとすれば、お母さんは主語や語尾に「じろう♪」と、
何をするにも必ず名前を呼んでくれるので、
名前が「じろう」のユーザーにはオススメかも。(笑)

母子相姦

この商品の詳細(DMMへ移動)
【呼称】 「じろう」 「母さん」
【SEX中の会話量】 少
【SEX中の主導権】 子
【母の声・口調】 普通
【母性度】 中
【背徳度】 無し

近親相姦 狙われた母 伊原詩織

母子相姦【ストーリー】
義母、詩織に恋心を抱くアキラ。義理とはいえ母親だけに感情を抑えていたアキラだが、彼女に対する好奇心を抑えられず詩織を盗撮する。そんな折、詩織のオナニーシーンを盗撮したビデオが見つかってしまう。慌てて言い訳をするアキラだったが、そんなアキラを見て詩織は自らキスを迫る。無我夢中でキスを返すアキラ。そして裸になった2人は…。


<『2年前に夫が亡くなってからと言うもの、夫の連れ子であるあきら君と仲良く暮らしていた時の事でした。あきら君はとても優しい子で義理の母である私にも親しく接してくれていました。しかし、そんなあきら君とあんな事になるとは思ってもみませんでした・・・』>
cs_dven0611_02.jpg
ある日、寝室でオナニーをする母を盗撮する息子
cs_dven0611_03.jpg
「あ~イク~♪」 それに気付かぬ母は果てる。



<盗撮したビデオを再生しながらオナニーする息子>
cs_dven0611_04.jpg
息子の妄想開始 「な~に?あきら君?ダメよ♪」
cs_dven0611_07.jpg
徐々に服を脱がして胸揉み&手マン
cs_dven0611_08.jpg
「僕の舐めてよ」 フェラ 「あきら君のオチンチン美味しい♪」
「あ~詩織さん出ちゃう」 口内射精。 「いっぱい出ちゃったね♪」



<ビデオを手に母の寝室に忍び込む息子>
cs_dven0611_09.jpg
撮影しながら眠る母の身体を触る
cs_dven0611_11.jpg
チンコを出して母のお尻に擦り付けて、最後はお尻に手コキ射精。
出した精子をのまま布団で隠して退散する息子 実は起きていた母。



<ある日 何気に息子の部屋にあったビデオを再生してみる母>
するとオナニー姿の自分に驚く そこへ息子が来て
「これどういう事!?」 「それはあの・・・詩織さんの事が好きだから」
「え?」 「だから詩織さんの事が好きなんだよ!」
「だけど俺たち親子だからどうする事も出来ないし。詩織さんごめんなさい」
「あきら君嬉しいわ♪」 「え?怒ってないの?」
cs_dven0611_12.jpg
「盗撮はしちゃダメよ。でもとっても嬉しかった♪」 「勝手な事してごめんなさい」
cs_dven0611_14.jpg
「詩織さん本当にいいの?」 「うん♪あきら君♪」 手マン&クンニ
cs_dven0611_16.jpg
攻守交替しリップ&フェラ 「詩織さんもう我慢出来ないよ。入れて良い?」 「うん♪」
cs_dven0611_19.jpg
正常位→騎乗位→背面騎乗位→バック→側位 お互い無言で喘ぐのみの母
cs_dven0611_17.jpg
「詩織さん僕もイキそうです。このままイッてもいいですか?」 正常位で中出し。
「詩織さん、すごく気持ち良かったよ」 「あきら君、私も気持ち良かったよ♪」
抱き合う母と子 その姿も撮影していた。



【評価】
母ではなく、父親の後妻とSEXしている感覚。
なので母子相姦らしさがない。義母の事を「詩織さん」と呼ぶし。
SEX中も親子らしい会話もなくお母さんは喘ぐだけ。
ただ熟女と青年がSEXしている様。

何でお母さんはオナニーをするのさ?息子とSEXをするのさ?
夫が亡くなった寂しさと欲求不満だからでしょ?
ならそれを分かりやすく表現しろよ。

唯一、評価出来るのは、息子がお母さんに告白した事ぐらい。
「詩織さんの事が好きなんだ」と。
そんなの当たり前の事なんだけど、それすら表現せず曖昧な作品が多いからね。

母子相姦

この商品のサンプル動画(byDMM)
この商品の詳細(DMMへ移動)
【呼称】 「あきら君」 「詩織さん」
【SEX中の会話量】 最少
【SEX中の主導権】 子
【母の声・口調】 普通
【母性度】 中
【背徳度】 無し
注意事項
≪フルブラウザ閲覧推奨≫
このサイトはリンクフリーです。
18歳未満は閲覧禁止。
18禁
ここはAVメーカーに
より良い作品を作って貰う為の
警鐘を鳴らすサイトです。

当サイトはストーリーと
親子らしさ・SEX中の会話を
重要視したレビューの為、
演技力・体位・アングル等の
評価は甘い事をご理解ください。

≪記事中のレビュー詳細≫

【呼称】
相手を何と呼ぶか。
もし自分の名前だったら買い!?

【SEX中の会話量】
近親相姦物には必須。
[最多・多・中・少・最少]で評価。

【SEX中の主導権】
どちらが責め・受身か。
精神的な主導権を重視。

【母の声・口調】
[色っぽい・甘い・優しい・普通・きつい]で評価。

【母性度】
お母さんらしさ・雰囲気を評価。
[最高・高・中・低・最低]で評価。

【背徳度】
作品全体の背徳感。

アンケートにご協力ください
「どこまでが母子相姦AVなのか」
こちらの記事を参考に
投票願います
お知らせ&独り言
今頃TOP PAGEボタン設置
2019.7.27

FANZAって何?
DMM R18でいいじゃん。
2018.8.4

アンケートにご協力ください
今後のレビューの
参考にさせていただきます
2018.6.2

いよいよW杯まであと1カ月。
あのバカ企画を執筆中。
「AV熟女優 日本代表発表」
2018.5.16

今更カテゴリーを細分化。
不正確な場合もあります。
2017.12.1

レビュー希望作品が
ありましたら
お知らせください。
(お約束は出来ませんが)
2016.10.9

本日よりFC2ブログから
ライブドアブログに引越しして
レビュー再開。
よろしくお願いします。
2016.4.1
記事検索
カテゴリー
RSS
メッセージ

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ