母子相姦【ストーリー】
私は今まで何不自由ない幸せな生活を送ってきました。ただ夫に隠していることがあります。夫が居ない日には、息子のアキラと必ずと言っていいほどスケベに交わってしまう関係になったことです。そんなある日、その関係を次男のジロウに見られた私は…。


<ある朝 洗い物をする母>
『私は今まで何不自由のない生活を送ってきました。ただ夫には隠している事があります。
それは息子のあきらと体の関係を持ってしまった事です。
いけない事だとは分かっているのですが体が言う事を聞かず。そして段々エスカレートして行き・・・』

そこへ長男が来て母を求める
「今はダメよ」 「大丈夫だって」 キス
「おい、あんな?どこに居るんだ?」 「・・・はい」 父から声をかけられ焦る2人
その後、家族4人で朝食。



<玄関にて 父「じゃ行ってくるから」 母と長男「行ってらっしゃい♪」>
cs_dven0977_01
父が出かけた直後キスする母と長男 部屋に移動してSEX開始
cs_dven0977_03
一連の愛撫をしてクンニ→手マンで潮噴き→フェラ
cs_dven0977_05
正常位→バック 「気持ちいい♪奥に当たってる♪」
cs_dven0977_06
正常位 「イッていい?」 「いいよ♪」 中出し→キス。



<ダイニングにて母 そこへ長男が来て>
cs_dven0977_07
「父さんまだ帰って来ないの?」 「まだ帰って来ないわよ」 キス
cs_dven0977_10
愛撫して手マン 「お母さんイッちゃう♪」 すると・・・

父 「ただいま」 
母 「・・・おかえり」
父 「ん?何してたんだ?」
母 「え?ちょっと学校の事で何かあったから・・・」
父 「顔赤いけど熱でもあるのか?」
母 「さっきお湯沸かしていたし」
父 「そうか、汗かいてるな」
長男 「何でもないよね。父さんこそ帰って来るの早いね」
父 「あぁ仕事早く終わったからさ。早く帰ってきちゃダメなのか?」
長男 「そんな事ないけどさ」

その様子を覗いていた次男。



<入浴中の母>
cs_dven0977_11
欲情した母はオナニー開始
cs_dven0977_13
そして果てる。



<その日の夕方 「会社に忘れ物しちゃったんで取りに行ってくるわ」 父は会社へ>
cs_dven0977_14
「母さん、父さんに隠れて兄ちゃんとエッチな事してるでしょ?」 「え!?」
「僕、ずっと見てたんだよね」
母を求める次男
「何!?じろう!?ちょっとやめなさい!」
「何で僕はダメで兄ちゃんは良いんだよ!?」
「・・・じろう分かったわ」
母からキス
「これで良いでしょ?」 「母さんまだ足りないよ」
またキス
「この事は2人には内緒よ?」 「分かった」
「ベッドに行きましょう♪」 「うん」 SEX開始
cs_dven0977_16
一連の愛撫をしてクンニ&手マン フェラ→69
cs_dven0977_18
「母さん僕もう我慢出来ない。入れていい?」 正常位→騎乗位→背面騎乗位
cs_dven0977_20
バック→正常位 「母さんイッちゃいそう」 「中に出して♪母さんの中に♪」 中出し
「母さんすごい気持ち良かった」 「良かった♪」 キス。



【評価】
もう既に母子相姦がエスカレートしている状態からの物語だから、
お母さんの中途半端な拒みがなくて良いんだけど、
エスカレートしている背徳感が全く表現出来ていない。

当たり前のようにSEXしているだけ。それじゃダメだ。
エスカレートしていても(しているからこそ)禁断行為をしている背徳感を、
見ているユーザーに伝えないと意味がない。

次男とも当たり前のようにSEXしているし。
長男との関係がバレて求められたとしても次男とは拒むべきだし、
拒まないのなら、お母さんのその痴女さをもっと表現するべき。

SEX中は親子らしい会話もなく、愛し合っている様子もなく、
ただ事務的に機械的にSEXして、当たり前のように中出しするだけ。

ついでに、タイトルの意味も何も成していない。
良いのは女優さんの容姿だけ。

母子相姦

この商品のサンプル動画(byDMM)
この商品の詳細(DMMへ移動)
【呼称】 長男「あきら」 次男「じろう」 「母さん」
【SEX中の会話量】 少
【SEX中の主導権】 子
【母の声・口調】 普通
【母性度】 低
【背徳度】 無し