母子相姦【ストーリー】
結婚当初から夫のことよりも、夫の連れ子であるシンヤのことが気になっていた義母ゆう。ある日シンヤに気持ちを打ち明けられたことで両想いだと知った二人は、父親に隠れてキスと愛撫を繰り返し、秘密の愛を育みはじめる…。


<ある日の食事後、お互いを意識する母と息子 後ろから抱きつく息子>
cs_dven1086_01
「したいんだ」 「ダメ!」 「しよう」 「こんな所じゃダメ!」 強引にキス

『たいちさん(夫)と結婚した私には決して誰にも言えない秘密があります。
それはたいちさんと結婚を決めたあの時から始まっていました。
そう、初めて義理の息子しんや君と出会ったあの時から・・・』



<回想シーン 新しいお母さんを避ける息子に母は>
cs_dven1086_02
「ちょっと待って。そんなに私とお話ししたくない?」
「違う。そうじゃなくて」
「じゃ何で私とお話ししてくれないの?」
「それは・・・親父の奥さんだから」
「え?」
「僕の母親だから。本当は好きなのに僕の母親だからどうして良いか分からなかったんだよ」
「しんや君・・・」
「諦めようと何度も思ってさ、なるべく会わないようにしてたんだけどさ」
「・・・良かった。嫌われていたんじゃなかったんだ」
「ごめんなさい。勘違いさせちゃって」
「ううん、私もずっと悩んでいたの。私もしんや君の事好き」
息子を抱きしめる
「最初に出会った時からずっと・・・」 キスしてSEX開始
cs_dven1086_04
一連の愛撫をして 手マン&クンニ
cs_dven1086_05
パンツを脱ぐ息子 「すごいしんや君♪」 手コキしながらキス→フェラ
cs_dven1086_06
正常位→バック→正常位 「しんや君、私達(こんな事して)良いのかな?」
「しんや君♪」「イクよ」 中出し→キス。

『私には秘密があります。それはたいちさんよりもしんや君を愛してしまった事です。
こんな関係許させるはずがありません。でもあの日からやめられないんです・・・』



<入浴中の母 そこへ息子が入って来る 「しんや君!?」>
cs_dven1086_07
「今日親父居ないんでしょ?だったらいいでしょ?」 強引にキスして母の身体を洗う
cs_dven1086_08
「僕のもして」 フェラ→キスしながら手コキ→手コキ射精。



<寝室に移動して長いキス>
cs_dven1086_10
「ゆうさん」 「しんや君♪」 一連の愛撫
cs_dven1086_13
手マン&クンニ 「あー気持ちいい♪」
cs_dven1086_15
全身リップ→手コキ→フェラ→69 「あーすごい♪」
cs_dven1086_17
正常位→対面座位→騎乗位→バック 「突いて♪いっぱい突いて♪」
cs_dven1086_20
正常位 「しんや君♪キスして♪キスしながらイッて♪」 「イクよ」 中出し→キス。



【評価】
関係性が義母と息子というだけで、ただの不倫と同じ。
お互いに初めて会った時から好きだったとか言っているし、
息子はお母さんの事を「ゆうさん」と呼ぶし。

結果的にそうなってしまったのではなく、初めからそういう風に作っている感じ。
これでは母子相姦物とは言えない。義母と息子の母子相姦作品の中で最悪の作り方。

ただ、お母さんが若いから不倫っぽく見えてしまった可能性もある。
もっと高齢のお母さんと若い息子だったらそうは見えなかったかも。

・・・いや、高齢のお母さんだったら息子は好きにならないか。
マザコンの設定でもないし。やっぱり最悪の作り方。

SEXの内容は、ただ単に長いキスをしているだけで、後は単調。
会話はほぼ皆無。無意味に中出し。

これのどこが愛情、密着、濃厚セックスなのさ?
長いキスシーンで誤魔化しているだけの作品。

母子相姦
この商品のサンプル動画(byDMM)
この商品の詳細(DMMへ移動)
【呼称】 「しんや君」 「ゆうさん」
【SEX中の会話量】 最少
【SEX中の主導権】 子
【母の声・口調】 普通
【母性度】 低
【背徳度】 無し