母子相姦【ストーリー】
寿美礼はシングルマザーとして耕太を必死に育てた。必死に育てた甲斐あって耕太は無事に大学を卒業し、就職も決まった。耕太が一人暮らしを始めるにあたり、寿美礼は人生を振り返った。耕太が立派に巣立ってくれたのは嬉しいが、自分の人生はどうだろうか?そんなある日耕太から温泉旅行に誘われた。自分の人生に悩む寿美礼と、自分の父親など気にもしない楽観的な耕太の二人の温泉旅行が始まる。


『40歳の誕生日プレゼントにと私は耕太から温泉旅行に誘われた。
私は嬉しい反面、40歳という年齢を突きつけられているようでちょっと複雑な気持ちだった。
私の女としての人生はこのまま終わってしまうかと思うと少し寂しかった・・・』

<ドライブの途中で観光地で自撮りをする母と息子 その後雑談>
「耕太はお父さんが居れば良かったって思った事ないの?」
「元から居ないものを想像出来ないし思った事もないよ」
「・・・そっか」
「お母さんがそう思ってるんでしょ?」
「えっ?」

『図星だった。図星過ぎて何も言えなかった・・・』



<宿に到着して一休み 暑いので服を脱ぎ寝転ぶ息子 「お母さんも脱ぎなよ」と言われた母は>
cs_drby0246_01_T1555394565
母も服を脱ぎ下着だけになる 「え!?母さん本当に脱いだの?」 「脱げって言ったじゃん」
「そうだけど・・・」 「ねぇ耕太。母さん女としての魅力なくなっちゃったかな?」
「そんな事ないと思うけど」 「本当?じゃもっと見て♪お母さんのおっぱいダメかな?」
胸を息子の顔に押し当てる 「母さんどうしちゃったの?」
チンコを触る 「あっ♪母さんの身体見て勃起してくれたの?嬉しい♪」
cs_drby0246_05_T1555394565
母からキス 拒む息子を愛撫→フェラ 「いやらしい汁がいっぱい出てる♪」
cs_drby0246_07_T1555394565
「耕太♪お母さんのも触ってみて♪」 今度は息子が母を愛撫
cs_drby0246_09_T1555394565
「これが産まれてきた所だよね?」 「そうよ♪」 クンニ&手マン→パイズリ
cs_drby0246_10_T1555394565
「耕ちゃんの童貞をお母さんが解消してあげる♪」 騎乗位→バック 「カワイイ耕ちゃん♪」
cs_drby0246_12_T1555394565
「我慢出来ない」 「イッてもいいわよ♪」 中出し→キス。
「やっちゃったね」 「やっちゃったね♪お風呂行こうか♪」



<2人で入浴 息子の身体を洗ってあげる母>
「小さい頃こうやって洗ってあげてた♪家に居る時から(大人になっても)やっておけば良かったな♪」
「そうだよ。部屋にAVを置いておいたり、オナニー見られたのも母さん全くその気にならないんだもん」
「えー?あれってわざとやってたの?」
「わざとじゃなきゃオナニーなんて見られないって。あはは」
「それならとっとと襲っておけば良かった♪」
cs_drby0246_13_T1555394565
洗うのを交代 「これからはお家に帰って来た時はお母さんとエッチしてくれる?」 「うん」
「本当に?彼女や奥さんが出来てもやってね♪」 「いいよ母さんの為に」 「ありがとう耕太♪」
cs_drby0246_14_T1555394565
湯舟に入りフェラ→パイズリ 「刺激が強すぎて・・・母さん出るよ」 口内射精。
「またいっぱい出た♪」



<部屋でビールを飲む2人 「耕太とお酒を飲むのが夢だったから♪」 「それ親父みたいじゃん」>
「母さんちゃんと親をやれてたかな?」 「それなりに」 「それなり?ちょっとショック」
cs_drby0246_15_T1555394565
キス 「お母さん耕太見てるとおかしくなっちゃうみたい♪」 胸やお尻を愛撫→手マン&クンニ
cs_drby0246_17_T1555394565
フェラ→パイズリ 「母さんの中に入れたい」 「入れて耕ちゃん♪母さんの中に入れて♪」
cs_drby0246_18_T1555394565
正常位→対面座位→騎乗位→バック 「耕ちゃんのオチンチン気持ちいい♪」
cs_drby0246_20_T1555394565
側位→正常位 「もう出そう」 「耕ちゃんも気持ち良くなって♪」 胸に射精→キス。



<翌日 息子に寄り添い歩く母>
「俺、父さん探してみようと思うんだ」
「そっか」
「俺の親は母さんだけだと思ってるよ。けど・・・」
「きっと大変だよ」
「それでも一度ぐらいは会っておきたいんだよ」
「そうね」
「もし何か言いたい事があるなら伝えておくよ」
「そうね、20年前の月はキレイでしたとでも伝えておいて」
「どういう事?それ」
「えー?耕太文学部卒業してるんでしょ?」
「そんなの習ってないって」
「昨日の月もキレイだったなー♪」
「だから何なのそれ?教えてよ」
「教えなーい♪」

『私たちがこれからどうなるのかは分からない。
でも私の人生はまだまだこれから。そう思えた旅行だった。』



【評価】
お母さんは40歳になり、女として独り身の人生に不安を感じていた。
息子は前からお母さんに興味があって、わざと部屋にAVを置いておいたり、
オナニーを目撃させてお母さんをその気にさせようとしていた。

それで、この旅行をきっかけにしてお母さんと息子は結ばれたって事なのかな。
宿に着いて息子が服を脱いで、「お母さんも脱ぎなよ」と誘ったのがその発端だし。

だけど、別にお母さんは息子としたかった訳ではないはず。
独り身の人生に不安を感じていたから欲求不満ではあったと思うが。少し強引だよね。

「本当はお母さんも息子の事を想っていた」とか、
せめて息子を溺愛している設定にして欲しかった。
そうすればもっと自然な流れになったのに。

SEXの内容は、お母さんは爆乳で魅力的な容姿をしているので興奮出来る。
ただ、せっかくの浴衣姿なのにすぐ脱がしちゃうのはダメ。
お母さんの浴衣姿のエロスをもっと表現しないと。浴衣がはだけた半裸でSEXするとか。

それと、無駄な雑談が多い。
ラストシーンなんて「お父さんを探す」とか言ってるけど、そんなのどうでも良いし。
まぁそんな無駄な雑談が親子らしい会話でもあるけどさ。

母子相姦
母子交尾 【大塩路】 白鳥寿美礼 詳細(FANZAへ移動)
母子交尾 【大塩路】 白鳥寿美礼 詳細(DUGAへ移動)

母子交尾 【大塩路】 白鳥寿美礼 サンプル動画(byFANZA)
【呼称】 「耕太・耕ちゃん」 「母さん」
【SEX中の会話量】 中
【SEX中の主導権】 母子半々
【母の声・口調】 普通
【母性度】 中
【背徳度】 無し