東京オリンピックを記念してバカ企画を開催! 「2021 AV熟女優 日本代表発表!」


<FW>       <寸評>
10  織田真子  未完の大器  
11  小早川怜子 アタッカー
<MF>
6  川上ゆう    可憐
7  白木優子   妖艶
8  大島優香   魅惑
9  三浦恵理子 女傑
16 中野七緒    艶技
17 加藤あやの 佳麗
18 木下凛々子  艶美
<DF>
2  翔田千里   女王(キャプテン)
3  桐島美奈子 安定感
4  瞳リョウ     美魔女
5  成宮いろは 濃艶
13 水野優香   優艶
14 綾瀬麻衣子 魅了
15 葵百合香   色香
<GK>
1  寺島志保  守護神
12 牧村彩香  NEXT守護神

監督 杉保一(杉)・当サイト管理人



【概要】
何の事か理解出来ない方は、まずこちらを遡って読んでみてください→ AV熟女優 日本代表発表

2018ロシアW杯以来、約3年ぶりの開催。
「AV熟女優さんをサッカー日本代表で例えたら・・・」で始まった企画も今回で8回目。

【スタメン】
オリンピックのサッカーはU-23(24)なので、こちらも出来るだけ若手を起用しました。
U-50ぐらいかな?(笑)
そうなるとオーバーエイジ枠は翔田千里さんと三浦恵理子さんかな?正確な年齢は分かりませんが。
森保JAPAN同様のフォーメーションにしてみました。
それでは、川平慈英さんの選手紹介をイメージして読んでみてください。(笑)

[4-2-3-1] (注・女優さんの敬称を略します)
GKは守護神・寺島志保。安定感のあるプレイでゴールを阻止。
右SBは頭角を現し始めた成宮いろは。
CBは右にキャプテン翔田千里、左に桐島美奈子。
両CBの卓越したテクニックで相手攻撃の芽を摘む。
左SBは遅れて来た逸材・綾瀬麻衣子。その魅力が監督の目に留まった。
右ボランチは華麗なプレイが定評の加藤あやの。
左ボランチは木下凛々子。チーム最年少ながらも彼女の実力と将来性に期待。
この2人が中盤で構え、守備から攻撃へと繋ぐ架け橋となる。
サイドアタッカーは右に白木優子、左に大島優香。
敵・味方・観客全てを魅了する両アタッカーがゴールへと襲い掛かる。
トップ下の司令塔は言わずと知れたファンタジスタ三浦恵理子。
1トップは織田真子。未完の大器ながらも将来の絶対的FWになり得る彼女に希望を託す。

この日本代表を率いる監督は名将・杉保一。
このバカ企画の時だけ「杉」から「杉保一」と名前を変更する。
作品レビューでは有無を言わさず批評する毒舌家。
この熱きマザコン監督は東京オリンピックでメダルを得る事は出来るのか・・・。

【選出傾向】
言うまでもないのですが、熟女物に出演している女優さんを選出。
総じて言える事は、母性・色気・グラマーを重視しています。
背番号や寸評に深い意味は・・・あるようなないような。
「なぜこの女優さんがこのポジション?」 それは私の勝手なイメージです。
簡単にイメージを説明しますと、FWは積極性&テクニシャン。
MFはテクニシャン&美貌。DFは安定感&安心感(癒し)。GKはドッシリ構えた豊満さ。
(今回はU-50&18人枠なのであまりイメージと合っていない場合もありますが)
現役の女優さんだけを選出したつもりですが、既に引退している人も居るかもしれません。

皆さん想像してみてください。
このメンバーが、「なでしこジャパン」みたいに青のユニフォームを着てピッチに立つ姿を。

・・・ニヤけてきませんか?(笑)
あ、でも決して女優さん達をバカにしている訳ではありません。
リアルガチで好みの熟女優さん達をサッカー日本代表として例えたのです。
予選リーグで対戦する、南アフリカ、メキシコ、フランス、(女子はカナダ・イギリス・チリ)
その他、世界の熟女はどんな感じなのかな?

では次回は、2022カタールW杯でお会いしましょう。さようなら。