母子相姦【ストーリー】
バツイチ夫との結婚で出来た義理の息子。なさぬ仲の母として、ぎこちないながらもなんとかやってきたつもりでしたが、ある日私の下着で自慰をする姿を目撃してしまいました。夫に似た顔のせいでモテないと嘆く息子を不憫に思い、せめて一度だけならばと自慰を手伝ってやることに。しかし息子の要求は次第にエスカレートし始め、遂には私の身体での筆おろしをさせて欲しいと頼んでくるのでした…。


<ある日 夫の肩を揉む妻 そこへ息子が来て会話>
「お前彼女とか居ないのか?」
「別に欲しくないし。彼女とか要らないし」
「あなたダメよ。気にしてるんだから。自分の顔嫌いなんだって。それで彼女が出来ないって」
vlcsnap-00003_R
母の回想シーン 息子との会話
「僕の顔どう?」
「どうって?」
「父さんに似てる?」
「そうね。目の辺りとか輪郭とか似てるけど」
「…そうか」
「どうしたの?」
「こんな冴えない顔してたらいつまで経っても彼女出来ないよ」



<ある日の学校帰り 友達との会話 「え!?彼女出来たのかよ?」>
vlcsnap-00005_R
「週末家に来るんだよ。これで(童貞)卒業だな。お先に」 「えー!?」



<その夜 夫婦の寝室にて 「ゆうちゃんずっと悩んでいるみたいなの」 「放っておけよ」>
vlcsnap-00008 (2)_R
トイレに行く母 ふと息子の部屋を覗くとオナニー中の息子を目撃
「…手伝おうか?私で良かったら」 「え!?いいよ。そんな事しなくても」
vlcsnap-00012_R
「だって辛いんでしょ?私で良ければ協力するよ」 オナニーを手伝う母
「出ちゃいそう」 「いいのよ♪お母さんに見せて♪いやらしい所見せて♪」 手コキ射精。
「恥ずかしいよ」 「気持ち良かったんだ?良かったね♪ゆうちゃん♪」



<翌朝 会社に行く夫を見送る妻 「ゆうちゃんも早くしないと遅刻するわよ」>
「ゆうちゃん自信持っていいんだからね」 「え?」
「私は好きよゆうちゃんの顔。だってお父さんに似てるんだもん」 「えー」
「そういう意味じゃなくて男の人は顔じゃないって意味よ」 「じゃ僕の事好き?」 「うん♪」
vlcsnap-00013_R
チンコを触らせる 「ちょっと!?ゆうちゃんどうしたの?」 「好きなら昨日みたいにして欲しい」
「ダメだよ学校に遅れるから」 「すぐだから」 手コキしてもらう
vlcsnap-00017_R
チンコを顔に近付ける 「麻紀さんちょっとでいいから舐めて」 「ダメよゆうちゃん!」
「ちょっとだけお願い」 仕方なくフェラ 「あー出ちゃう」 口内射精。



<掃除をする母(胸チラ)→着替えシーン すると息子が帰宅 「どうしたの?ゆうちゃん?」>
vlcsnap-00021_R
「またフラれちゃったんだ」 「え?」
「麻紀さんが自身持っていいって言うから…」 「また好きな子が出来るから。諦めないで」
「あの…僕の初めての人になってくれないかな?」 「え?どういう事?」
「僕にSEXを教えてくれない?」 「ダメよ」
「何でだよ?」 「当たり前でしょ?親子だもん」
「でも血は繋がってないだろ?」 「でもダメ」
土下座してお願いする息子 「この通り!お願い!」 「ダメよ!ダメったら!」
「血が繋がってないからどうせ他人事なんだろ?もういいよ」
「…分かったから。初体験が済んだら気が済むの?」
vlcsnap-00022_R
胸を触らせる 「おっぱい欲しくなってきた?」 「うん」 舐めさせる 「そうペロペロして♪」
vlcsnap-00024_R
「見たい?オマンコ初めて見るんでしょ?」 パンツを脱ぎ股を開く 手マン&クンニさせる
vlcsnap-00025_R
「オチンポいっぱい舐めてあげたい♪」 息子の乳首舐め→フェラ 「すごい♪オチンポビンビン♪」
vlcsnap-00026_R
「お母さんのオマンコにオチンポ入れてみたい?」 「うん」 騎乗位で挿入 「奥まで入るわよ♪」
vlcsnap-00029_R
バック 「オチンポ硬い♪あー気持ちいい♪イッちゃいそう♪あーイク♪」
vlcsnap-00030_R
正常位 「どこに出せばいい?」 「お口にちょうだい♪」 口元に射精→お掃除フェラ。
「ゆうちゃんすごい上手だった♪お母さん何回もイッちゃった♪お父さんには内緒よ♪」



<ある日 母の肩を揉む息子 「ゆうちゃんマッサージ上手ね♪あー気持ちいい♪」>
vlcsnap-00032_R
「お母さんみたいな彼女欲しい」 「嘘でも嬉しいわ♪」
「僕の彼女になってよ」 「それは無理よ。お父さん居るもの」
「内緒にしてれば大丈夫だよ」 「そういう訳にはいかないでしょ?」
「それにもし彼女になれてもゆうちゃんに彼女が出来たら悲しいもの」 「僕はそんな事しないよ」
vlcsnap-00036_R
「おっぱい欲しい」 「出ないの知ってるでしょ?」 「飲ませてよ」 「仕方のない子ね♪」
膝枕でおっぱいを吸わせる 「下も触って欲しい」 「オチンポ立たせちゃって♪仕方ないわね♪」
おっぱい吸わせながら手コキしてあげる 「あー出る」 手コキ射精。 「またしてあげるわね♪」



<その夜 就寝中の両親の寝室に忍び込む息子>
vlcsnap-00038 (2)_R
母の身体を触る すると目覚める母 「ゆうちゃん!?ちょっとやめて!」 構わず愛撫を続ける
vlcsnap-00042_R
パイズリさせる 「こんな事してダメだよ」 「あー出ちゃう」 パイズリ射精。



<ある日の夜 リビングで夫に晩酌する妻>
vlcsnap-00045_R
「はいどうぞ。じゃお布団敷いてきますね」 「うん」
vlcsnap-00047_R
隣の部屋に行き布団を敷く母に襲い掛かる息子 「ちょっと落ち着いて!そんなに乱暴にしないで!」
vlcsnap-00050_R
「静かに!」 強引にキスして愛撫を続ける息子 クンニ&手マン
vlcsnap-00055_R
パンツを脱ぐ息子 フェラさせる→69→顔面騎乗
vlcsnap-00057_R
挿入しようとする 「何してるの!?」 立ちバック 「ちょっと待って!そんな急に!」
vlcsnap-00058_R
背面騎乗位→騎乗位 「お父さんにバレちゃうよ♪そんなに下から突いたらダメ♪」
vlcsnap-00060_R
正常位 「このまま出していい?」 「それはダメ!絶対ダメ!」 中出し
「ゆうちゃん中に出しちゃったの?」 「出ちゃった」 「そんな…ゆうちゃんダメじゃない」
隣の部屋から話しかける父。 「おいどうしたんだ?」 「…何でもない」



【評価】
今回は少し古い作品をレビュー。

お母さんが息子のオナニーを手伝う意味が分からない。
彼女が出来ずオナニーするしかない息子を不憫に思ったから?意味不明。

そんな事をすれば息子はその気になるのは当たり前。
翌朝に息子から迫られて手コキしてあげるのは仕方ないにしても、
フェラまでする意味が分からない。

しかし、息子の心情もよく分からない。
そこまでしてもらったけど性の矛先はそのままお母さんには向かわず、
他の女性に告白をする。けれどフラれて結局お母さんに向かう。何それ?
元からモテない設定なんだし他の女性に告白する必要なんてない。
無意味なストーリー展開なのよ。

就寝中の両親の寝室に忍び込んでパイズリさせるシーンも、
隣の部屋にお父さんが居るのにSEXをするシーンもまるで緊迫感がない。
よくあるシチュエーションだけど、監督はどう思っているのだろう?
編集時に自分で見て、「緊迫感あるなー」って思っているのかね?
「そういうシーンを作っておけば良い」ぐらいにしか思ってないでしょ。
演出センスがないのよ。

ちなみに、タイトルが「お母さんが初めての女になってあげる」となっているが、
お母さんはそんな事は言っていない。そんな気持ちもない。
息子が、「初めての女になって欲しい」とお願いしているだけ。
そういう感覚のズレも監督は分かっているのかね?

お母さんの容姿や演技は問題ない。SEXの内容も及第点。
母子相姦AVファンではなく、女優・北条麻紀さんファンが見れば良い作品。

【呼称】 「ゆうちゃん」 「麻紀さん・お母さん」
【SEX中の会話量】 中
【SEX中の主導権】 子
【母の声・口調】 普通
【母性度】 中
【背徳度】 無し

母子相姦
お母さんが初めての女になってあげる 北条麻妃 詳細(FANZAへ移動)

お母さんが初めての女になってあげる 北条麻妃 サンプル動画(byFANZA)