レビューは全266作品。

第3四半期末の9月末になりましたので本日開催。
(このワースト大会は今の所、四半期に一回開催予定)

このワースト大会は、悪い作品を次回に繰り越し続けるのは申し訳ないので、
期間毎に選抜しています。

それでは、2013年7月4日~9月28日までのレビューをした23作品から、
ワースト作品を発表したいと思います。

第8回 輝く!ワースト母子相姦AV大賞はこの作品です!

母子相姦母子相姦
レビューはこちら     レビューはこちら
詳細はDMMサイトへ  詳細はDMMサイトへ

左の【節電中の母 岩下京香】は、
なぜ猛暑なのに節電をするのか、なぜ校長と担任が家庭訪問に来て
お母さんと妄想SEXするのか意味が分からない。
そして、なぜなんの抵抗もなく母子相姦してるのかも分からない。
母子相姦と言うよりも、お母さんが汗をかきながらSEXをするエロさを
表現したいらしいがストーリーがクソだからその良さが出ていない。

右の【無防備な母さんの艶尻 三浦恵理子】は、
ただのおふざけ。この一言。


母子相姦母子相姦
レビューはこちら     レビューはこちら
詳細はDMMサイトへ  詳細はDMMサイトへ

左の【美人母近親調教投稿録 水城奈緒】は、
なぜ息子達はお母さんを調教しているのか、
なぜお母さんもそれを受け入れているか意味が分からない。
色々な陵辱プレイをしているがお母さんのリアクションが薄い。
親子らしさがまるでない。しかも若いお母さんなのに「実母」という無謀さ。

右の【母子相姦 盗撮 連れ込みモーテル】は、
オムニバス作品。
宿に着いて他愛もない会話の後、息子がお母さんに告白。
困惑するがすぐに受け入れるお母さん。4編とも全てその流れ。
母子相姦をする意味、モーテルでSEXする(盗撮する)意味、
そういう基本設定がまるでなっていない。


他にも気に入らない作品はあるのですが、
この4作品が特にという事で選びました。

この4作品総じて言える事ですが、「近親相姦の何たるか」を全く分かっていない。
ユーザーの求めるものを全く分かっていない。

だからって、他の同じジャンルのAVを見て勉強したって分かんないよ。
他のAVだって似たり寄ったりなんだから。
そうじゃなくて、官能小説やエロマンガをよく読んで勉強して欲しい。

監督さん、メーカー各社さん、しっかりして下さい。
惰性で作らないで下さい。そんなの簡単に見抜かれますよ。

ベスト作品の発表は、あまりにもの不作の連続に開催中止となりましたが、
ワースト作品は豊作なので、この大会は続く事でしょう。

それでは、年末開催予定の第9回大会でお会いしましょう。