母子相姦【ストーリー】
結婚して間もない彩音は夫の連れ子との関係に困惑していた。そんな関係をみていた父親は息子を説得し二人で温泉旅行にいかせることに…。息子に受け入れてもらいたいと想う一心で彩音は混浴風呂で息子と一緒にはいることを決意。熟れた肉体をみせられ息子の股間は大膨張。恥ずかしがる息子に肉体を捧げ情欲に溺れる親子!!


<家族旅行のはずが父だけ仕事で遅れる 母は敬語 息子はタメ語 ぎこちない関係>
h_647mada00003-1.jpg「風呂入ってくる」 「じゃあ私が洗ってあげましょうか?」
             「あのさ、母親面するのやめてくれない?」 息子は温泉へ
cs_mad0008_03.jpg入浴中に母が来て驚く息子に 「お母さんの代わりさせてください」
h_647mada00003-2.jpg「私はいたわり合える家族が欲しいんです」 息子に迫る
h_647mada00003-5.jpg息子は逃げるがまた迫られSEX開始 手コキ&フェラ&パイズリ
h_647mada00003-6.jpg手マンで潮噴きもあり 立ちバック→対面座位→立ち正常位
             「出ちゃうの?いいのよ中に出して♪」 最後は立ちバックで中出し。
             「・・・すいませんでした」 「いいえ、嬉しいです♪」



<部屋にて 「親父から連絡ないの?」 「早く来れればいいんですけど」>
「俺、別の部屋に移るよ」 「どうしてですか?」
「やっぱマズイっしょ 」 「私たち家族じゃないですか」
「もうやめてくれないか。俺の母さんは一人だし」
「私があなたのお母さんじゃダメですか?」
h_647mada00003-7.jpg襲い掛かる息子 「彩音さんをお母さんと思えない」
h_647mada00003-8.jpg「いつもこういう事されてんだろ?」 手マンで潮噴き
h_647mada00003-11.jpg電マで潮噴き(失禁) 「あ~イク~~!」
             事が終わり正気になる息子 「・・・ごめんなさい」



<夕食時に父が到着 「仕事は終わったんですか?」 「明日一番で帰るから」>
h_647mada00003-12.jpg「せっかくの家族旅行なのに」 「飯食ったら風呂行くぞ」
h_647mada00003-13.jpg夫婦で入浴し迫る夫  h_647mada00003-15.jpgフェラ&手コキで射精。



<家族で就寝中 寝ずにタバコを吸おうとする息子 目覚める母>
「私はゆうまさんの良き母になりたいと思っています」
「僕に母さんは一人だ」
「家族3人で心の通じ合える家庭を作っていきたいんです」
「彩音さんが親父のものなんて僕は認めたくないよ」
h_647mada00003-17.jpg息子の足を触り舐めだす母 「やめろって」 「やめません」
h_647mada00003-18.jpg「そこまでして認められようとしてるの?」
             「家族になりたい。家族になりたいだけ・・・」 身体を舐め回してフェラ
h_647mada00003-20.jpg顔面騎乗→騎乗位→正常位→側位→立ちバック→正常位
cs_mad0008_48.jpg各体位で潮噴きしまくり 最後は正常位で胸へ射精→お掃除フェラ。



<翌朝 「親父は?」 「朝早く出て行きました。仕事に行くって」>
cs_mad0008_50.jpg
「昨日は親父と母さん(亡き母)の結婚記念日だったんだ」
「・・・え?」

「親父がこの日に彩音さんと入籍するって言い出して、
本当は(家族人生を)やり直したかったんじゃないかな。
この日に家族旅行するって聞いて僕は嬉しいと思ったよ」

「いつかまた3人でこの温泉に来る事が出来ますでしょうか?」
「来れるよ」 「早くしないと私、おばあちゃんになっちゃう」
「やめてよ。僕はもう母さんを失いたくないよ」

息子に寄り添う母
「・・・母さん」 「・・・はい」



【評価】
プロローグ・エピローグもしっかりしていてBGM(挿入歌)も入れたりと、
一見、ちゃんとしたドラマ風に出来てはいるが、よく見るとストーリーに無理がある。

義母は息子の亡き母親の代わりになりたいのは分かるが、
なぜそこから息子を誘惑しSEXをしようとするのか。

別に息子は前のお母さんと母子相姦していた訳じゃないんだし。
なぜか息子も受け入れるが、それはただの女として受け入れただけだろうし。

まぁ義母は息子とSEXをして親子の距離を近づけようと思ったんだろうけど、
そんな事で親子になれる訳がないじゃん。

そこから母子相姦が続く変態親子になるなら良いけど、
このシリアスな展開だとそうじゃ無い。この時だけって感じ。
だからこのストーリーはおかしいんだよ。

それに、お母さんが息子に対して敬語で話すのも違和感がある。
例え義理で関係が不仲であっても親が子供に敬語はおかしい。
これはAVなんだし、そこまで他人行儀さを出されると
母子相姦の興奮度が下がってしまう事に気付いて欲しい。

そんな無理なストーリーではあるが、
女優・朝倉彩音さんの演技力&エロさのおかげでそれも許せてしまう。
なので人選は評価できる。


息子と本当の家族になりたい義母。「母は亡き母一人だけだ」と認めぬ息子。
更に父親の心情までも入れようとする。

各家族の心情を入れシリアスさを出そうとしているんだろうけど、
それと母子相姦を強引に繋ぎ合わそうとするからおかしな展開となり、
こちら側ユーザーに全然伝わってこないという残念さ。

この設定だとシリアスにしたくなるのは分かるけどそれは間違い。
ここは変態設定の変態親子にするべき。

父親の心情なんて省くか、描いても途中で無視して、
ラストシーンでは母と子が敬語で話すのを止めるほど仲良くなり、
これからも母子相姦が続きそうなエロい雰囲気を出せば良い作品になったかも。

確かに「ストーリーや家族の心情は重要だ」と、このブログで言い続けているが、
それと同時に「母子相姦の禁断さ・背徳さ」も表現してこそ、
このジャンルのAVが成り立つと思います。

母子相姦

この商品の詳細(DMMへ移動)
この商品の詳細(DUGAへ移動)
【呼称】 「ゆうまさん」 「彩音さん」
【SEX中の会話量】 少
【SEX中の主導権】 母
【母の声・口調】 普通
【母性度】 中
【背徳度】 無し