母子相姦【ストーリー】
人気美熟女の風間ゆみ登場!フェロモンむんむんな熟した色気とイヤラシイ体、こんなお母さんがいたら思春期の息子は勉強に集中できず勃起しっぱなしです。初めてのSEXをお母さんに優しく教えてほしい、と思うのは男の必然でしょう。さらには、親戚のおじさんにヤラレている母を目撃し、悔しいけど興奮と性への興味は押さえられない思春期の息子という心理描写やストーリーも見逃せない!
(これはストーリーじゃなくて制作者の下手な宣伝だよな)


<ある日 母と大家さんが会話>
「困るんだよ。いくら親戚だってこんなに家賃が溜まっちゃったらさ」
「・・・すいません」
「うちだって生活があるしさ、親戚だから安く貸してるんだから」
「もう少しだけ待っていただけませんか?週末にパートの給料日なので」
「かずみさんならもっと割りの良い仕事があるんじゃないの?なんだったら紹介するよ?」
尻を触る大家
「やめてください・・・困ります」
13gg00089-1.jpgそれを息子が目撃 「ちょっとやめろよ!用が済んだなら帰れよ!」



<ある夜 エロ本を読んでから眠りに就く息子 すると母が来て>
13gg00089-3.jpg「母さん!?どうしたの?そんな格好して」 「眠れないの?」
             エロ本を出す母 「こんな本読んでるから眠れないんじゃないの?」
13gg00089-4.jpg「女の人に興味があるの?母さんがスッキリさせてあげようか?」
             フェラ→パイズリ&フェラ 最後はパイズリ射精。
             夢から覚める息子 「え!?」 夢精していた 「あぁ・・・」



<ある日 勉強中の息子 そこへ母が来て 「ちょっと掃除していい?」>
パンチラ・胸チラしながら掃除する母
勃起する息子は母を見ながら隠れてオナニーを始める
「あ~やばい・・・あっ・・・」
射精。
「どうかした?」 「あ!?なんでもないよ」



<ある日 また大家さんと会話 「家賃ね、週末まで待てないんだよ」>
cs_gqe1144_11.jpg「そう言われても週末にならないと入らないんです」
cs_gqe1144_14.jpg襲い掛かる大家 「身体で払ってもらうことも出来るんだよ」
13gg00089-7.jpg拒むが強引にキス→手マン&クンニ 「身体は反応してるよ」
cs_gqe1144_21.jpg「チンコは好きか?」 「やだ・・・」 
cs_gqe1144_24.jpgすると息子が帰宅 「ただいま・・・・何やってんだよ!?」
             「見ないで!」 「これがお前のお母さんの姿だ!よく見ておけ!」
13gg00089-9.jpg「お前家賃払えるのか?」 「・・・いや、払えないけど」
             「母さんは家賃の代わりにセックスしてるんだ!」
13gg00089-10.jpg「お母さんは知らない男とセックスして気持ちいいんだよ!」
             「じゃ母さんは家賃も払えて一石二鳥って事?」
             最後は立ちバックで尻に射精。 「母さん・・・」



<お風呂上りの母 そこへ息子が来て>
「僕も母さんとおじさん(大家)がやってた事したいって気持ちになってきちゃって」
「・・・ダメかな?」
「ダメよ。親子なんだから」
「こんな事頼めるのは母さんしかいないんだよ」
「・・・分かったよ。じゃ風俗とか行けばそういう事してくれるんでしょ?」
「ダメ!風俗はダメ!」 
「ダメなの?だったら母さん一回だけで良いから協力してよ。これも性教育だと思ってさ」
「性教育?」
「そうだよ教育だからさ」
13gg00089-11.jpg「・・・じゃ性教育として教えてあげるわ。今回だけだからね?」
13gg00089-12.jpgキスから教える     13gg00089-15.jpgダラダラと性教育
13gg00089-16.jpg一連の流れの前戯 「母さんのオマンコに入れてみる?」 「うん」
13gg00089-18.jpg一連の流れの体位をこなし 「お母さんこのままだともう・・・」
13gg00089-19.jpg「いいのよそのまま・・・」 最後は中出し。
             「いっぱい出た?ちゃんと出来たわね。良かった♪」


『かつのりは私とのセックスで初めて女性を経験しました。こういう状況になったのも、そもそも私がさぶろうさんを断りきれなかった私にも油断した所があったのかもしれません。だけど彼が私を最初の相手に選んでくれたのは一人の女性として純粋に嬉しかったし、それも運命だったのかも・・・。』



【評価】
家賃を滞納している母子家庭の親子。
家賃の代わりに身体で払ってもらおうとする大家。
その母と大家のセックスを息子に見られてしまう。
前から母を見て欲情していた童貞の息子は我慢出来ず、
母に性教育としてセックスを教えてもらう。
そんなストーリー。

全てのシーンがダラダラと間延びしている。退屈でしょうがない。
何でだろうね?初めから120分で作ろうとしているから?
だとしたら別に120分にする必要はないんだよ。
内容が濃ければ90分だろうが60分だろうが構わないんだしさ。
AVは量ではない。量より質なんだよ。

そして性教育だからかもしれないがSEXに色気がない。
お母さんは教えているだけ。息子は教わっているだけ。
それに、これは性教育と言えど「禁断の母子相姦」である事が表現されていない。
一言二言それらしいセリフがあるだけ。
性教育であっても途中で躊躇するセリフや背徳感のあるセリフを言うべき。
これなら前半の大家とのSEXの方がまだマシに見える。

「親子なのにこんな事をしている」
母子相姦物であるからには第一にそれを表現するべき。性教育は二の次で良い。

母子相姦

この商品のサンプル動画(byDMM)
この商品の詳細(DMMへ移動)
この商品の詳細(DUGAへ移動)
【呼称】 「かつのり」 「母さん」
【SEX中の会話量】 少
【SEX中の主導権】 母
【母の声・口調】 普通
【母性度】 低
【背徳度】 無し