母子相姦【ストーリー】
近藤郁美、50歳。夫と息子の三人暮らし。夫とはだいぶ前から別々の寝室です。そんな私の寂しい寝室に、寝付けないから、と言って入ってきた息子を抱き締めている内に、私は欲情を抑えきれず、息子と関係を持ってしまったのです…。それ以来、私と息子は夫の目を盗んで情事にふけるようになってしまったのです…。


<食事の支度をする母 そこへ息子が帰宅 「ただいま。父さんは?」>
cs_ctv1769_02.jpg
「もうすぐ帰ってくるわよ」 「じゃさ母さん・・・」 母に迫る息子 「ちょっと♪何してんの♪」
cs_ctv1769_05.jpg
「感じちゃう♪」 「ちょっとだけいいでしょ?」 母の身体を愛撫しまくり
cs_ctv1769_07.jpg
「大きくなってる♪」 フェラ&手コキで最後は口内射精。
「こんなに出しちゃって♪気持ち良かった?」 「気持ち良かったよすごい」
「ただいま~」 父が帰宅し急いで服を直す。



<洗い物をする母 リビングでは新聞を読みながらお茶を飲む父 そこへ息子が来て>
cs_ctv1769_13.jpg
「母さんさっきの続きしたいんだ」 「何言ってるの?お父さん居るでしょ?」 「大丈夫だよ」
cs_ctv1769_17.jpg
クンニ&手マン 「気持ち良い・・・いやん♪」 
cs_ctv1769_20.jpg
「チンチン舐めてよ母さん」 フェラ
cs_ctv1769_21.jpg
立ちバックで挿入 父の様子を伺いながら小声で喘ぐ母
cs_ctv1769_24.jpg
流しに座らせて挿入 「出ちゃいそう。中に出していい?」 「いいわ♪出して♪」 中出し。



<入浴中の母 「けんじったらお父さんの前でもあんな事するんだもん・・・」>
cs_ctv1769_25.jpg
「でもそれがたまらないのよね・・・♪」 欲情しオナニーして果てる。



<就寝時 眠る母の部屋に忍び込む息子>
cs_ctv1769_31.jpg
身体を触っていると目覚める母 「また来ちゃった」 「しょうがない子ね♪」
cs_ctv1769_40.jpg
アナル舐め&クンニ&手マン 「あ~ダメ~♪イッちゃう♪」 その後フェラ
cs_ctv1769_47.jpg
「入れよう母さん」 正常位→騎乗位→バック 「けんじいい~♪いや~すごい♪」
cs_ctv1769_44.jpg
バック→正常位 「イッちゃう♪イク~気持ちいい~♪」 「あ~っ」 中出し→キス。



【評価】
中身のない作品。監督の技量の無さが伺える。
「お父さんに隠れてSEX」 「お母さんのオナニー」 「寝室でSEX」
これらを繋ぎ合わせただけ。

お父さんの後ろで隠れてSEXするのは良いが緊迫感がない。
途中でお父さんが話しかけても良いし、
お母さんの喘ぐ声に、「ん?何か言ったか?」と振り向いても良いし、
そういう緊張感のある状況を誤魔化しながらSEXしてこそ意味があるのに、
ただお父さんの後ろで無言でしているだけ。

お母さんのオナニーも、ただ喘ぎながらしているだけ。
何でオナニーしているのさ?息子との事を思い出して欲情したからでしょ?
なら息子の名前を呼んだり、淫語を多用しながらしなきゃ。
単に熟女がオナニーしている姿なんて見たくないんだよ。

そして、寝室でのSEXもまるで母子相姦らしさがない。
お母さんは喘ぐのみで、お互いほぼ無言で行っているだけ。
若い男優と熟女優がSEXしているだけにしか見えない。
そもそも、タイトルにもなっている夜這いらしさも全然ないし。

「誰と誰がSEXしているのか」
これを強調しないで近親相姦物と言えるのか。

本編冒頭の前フリのみで親子関係を説明しただけでは意味がない。
SEX中にお母さんらしさ息子らしさを表現してこそでしょ。
それを表現するには会話が必要なんだよ。
お互いの名前を呼び合って、淫語を多用してこそ母子相姦らしさが出る。

それに気付かず作り続けるセンスのない監督が多過ぎる。勉強しろ。

母子相姦

この商品のサンプル動画(byDMM)
この商品の詳細(DMMへ移動)
【呼称】 「けんちゃん・けんじ」 「母さん」
【SEX中の会話量】 最少
【SEX中の主導権】 子
【母の声・口調】 普通
【母性度】 中
【背徳度】 無し