母子相姦【ストーリー】
タイチさんと結婚した私には、決して誰にも言えない秘密があります。それは、タイチさんとの結婚を決めた、あの時から始まっていました。そう、初めて息子のシンヤくんと出会ったあの時から…。タイチさんよりも、息子のシンヤ君のことを愛してしまったことです。こんな関係許されるはずありません…でも…でも止められないんです。


<↑の母のナレーションが流れながらキスをする母と子>
cs_dven0643_01
その数週間前・・・掃除をする母 その様子を覗く息子 それに気付く母
「あ、ごめんなさい」 「待って。良かったらお話ししない?」
「でも・・・」 「2人きりでちゃんと話した事なかったでしょ?」
「もしかして私と話したくない?私の事嫌い?」 「そうじゃなくて・・・」
「じゃどうして話してくれないの?」 「それは・・・父さんの奥さんだから」
「え?」 「本当は好きなのに僕の母親だからどうしたら良いか分からかったんだよ」
「しんや君・・・」 「諦めようと思ってなるべく一緒に居ないようにしてたんだけけど」
「良かった。嫌われていたんじゃなかったんだ?」 「ごめんなさい」
「本当はね、私も悩んでいたの」 「え?」
cs_dven0643_02
「私もね、しんや君の事が好き。初めて会った時からずっと・・・」 長いキスシーン
cs_dven0643_05
おっぱい揉み&舐め 手マン&クンニ 「ゆなさんとずっとこうしたいと思ってたんだよ」
cs_dven0643_06
フェラ 「ゆなさん出そう・・・あっ」 口内射精→キス
「精子が付いちゃう」 「そんなの関係ないよ」 キスを続ける。



<シャワーを浴びる母 そこへ息子が来て>
cs_dven0643_09
「今日親父帰ってこないから一緒にいい?」
cs_dven0643_10
手コキしながらキス 「・・・あっ」 手コキ射精。



<寝室に移動し・・・>
cs_dven0643_11
「好きだ」 「私も好き♪」 手マンしながらキス
cs_dven0643_14
フェラ 「ゆなさん僕にも舐めさせて?」 69
cs_dven0643_17
「もう僕我慢出来ないよ」 正常位→対面騎乗位→騎乗位→バック
cs_dven0643_16
「ゆなさん大好きだよ」 「好き・・・大好き♪」 正常位で中出し。



【評価】
これ母子相姦じゃないわ。父親の後妻とSEXするだけの事。

確かに関係性は親子ではあるが、
息子は相手がお母さんだとは思っていないし、
お母さんも相手が息子だとは思っていない。

息子はお母さんの事を「ゆなさん」って呼ぶし、
SEX中も親子らしい会話は一切なく、お母さんは喘ぐだけ。
なので、キレイな熟女と青年がSEXしているだけにしか見えない。

お母さんらしい演技や、息子らしい演技を初めからしていない。
演技力がない訳ではなく、する必要がない設定だから。

制作側はどういうつもりで作っているのかね?
これを母子相姦だと思っているのなら許せんな。

「母と子の愛情」
こんな母子相姦を連想させるようなタイトルを付けるのではなく、
初めから、父親の後妻とSEXするテーマの作品にして、
タイトルもそういうのにすれば良いのにさ。
そのジャンルにもちゃんとニーズがあるでしょ?その方が売れるでしょ。

そうではなく、母子相姦としてちゃんと作りたいのなら、
「ゆなさん」と名前で呼ぶのではなく、「お母さん」と呼ばせる事。
そして、SEX中に親子らしい会話をさせる事。
更にその会話は、「お母さん愛してる」「お母さんのオマンコが・・・」などや、
「お母さんも愛してる♪」「息子のオチンチンが・・・」などと、
『誰と誰が何をして何を思っているのか』を明確に言葉にする事。

これだけで立派な母子相姦AVになるんだよ。
制作側はこれが分かってないんだよな。腹立たしい。

母子相姦
この商品のサンプル動画(byDMM)
この商品の詳細(DMMへ移動)
この商品の詳細(DUGAへ移動)
【呼称】 「しんや君」 「ゆなさん」
【SEX中の会話量】 最少
【SEX中の主導権】 子
【母の声・口調】 普通
【母性度】 低
【背徳度】 無し