母子相姦AVレビュー

母子相姦AVファンの『レビューは俺たちの欲する情報を!』 …という期待に応えたい。

栗山香純

キスからはじまる母と息子の愛情、密着、濃厚セックス 栗山香純

母子相姦【ストーリー】
香純は1年前に夫と離婚した。その原因は夫よりも息子の聡を愛してしまったからだ。それ以来香純と聡と二人で暮らしてきた。もう夫のことは気にしなくてもいい、そう思った。香純と聡はどんな時でもお互いの身体を求めあっていった…。


『私は1年前に夫と離婚しました。その理由は夫よりも息子のさとしの事を愛してしまったからです。
もう夫の事は気にしなくても良い。そう思った私達は互いに身体を求め合っていきました・・・』

<離婚前のある日 思い悩む母に息子が話しかける>
「また父さんとケンカしたの?僕で良かったら話聞くから何でも言ってね」
「ありがとう。でも私は大丈夫よ」

<その夜 眠る息子の部屋へ来た母>
cs_dven1164_01
「さとし、私にはもうあなたしか居ないわ」 息子にキス すると目覚める息子 「母さん!?」
cs_dven1164_04
母の話を聞く 「そっか。父さんまた出て行ったきり帰って来ないんだ?」 母にキスしてSEX開始
cs_dven1164_05
一連の愛撫をして 手マン&クンニ 「母さん舐めてくれる?」 フェラ
cs_dven1164_07
「僕もう我慢出来ない。いい?」 騎乗位→対面座位→バック 「もうイキそう♪」
cs_dven1164_08
「あーイッちゃいそう」 「私も♪」 正常位で中出し→キス。



<洗濯をする母 そこへ息子が来て 「父さんが居ないからいいでしょ?」 「ダメだって」>
cs_dven1164_09
構わず続ける息子 すぐに受け入れる母 キスしながら手マン
cs_dven1164_10
「母さん舐めて」 フェラ→キスしながら手コキ 最後は手コキ射精。
「母さん汚れちゃった。お風呂入ろうか」



<2人で入浴>
cs_dven1164_11
母の身体を洗ってあげる キスを繰り返す
cs_dven1164_12
キスしながら手マン 「イキそう♪あーイク♪」 果てる母 シャワーで洗い流す。



<膝枕をして耳かきをしてあげながら会話 「さとし話があるの」 「どうしたの?」>
cs_dven1164_13
「お父さんもうこの家には帰って来ないわ」 「もしかして・・・」
「うん、昨日の夜に話をして決めたの」 「母さん寂しくないの?」
「私なら大丈夫よ。さとしが居るもの」 「母さん・・・」 キスしてSEX開始
cs_dven1164_15
一連の愛撫をして 手マン&クンニ フェラ→69 「僕もう我慢出来ないよ。いい?」 「いいよ♪」
cs_dven1164_17
正常位→対面座位→騎乗位→バック 「あーヤバイ♪」 (ヤバイを繰り返す母)
cs_dven1164_20
側位→正常位 「もうダメ♪」 「あーイッちゃう」 中出し→キス。



【評価】
お母さんが若いし息子もいい年しているから義母に見えてしまう。
もし義母なら相手が息子だっただけの単なる不倫だよね。だとしたら最悪。
まぁ息子を呼び捨てにしているから実母だと思うけど。

若いお母さん+いい年をした息子=義母に見えてしまう問題。
童顔の若手男優居ないのかな。男優界もなり手不足かいな。深刻ですね。
ならせめて、「1○歳で息子を産みました」みたいなナレーション等を入れれば良いのだが。

基本的に長いキスをしながらSEXしているだけ。SEX中に親子らしい会話もない。
過去に、「キスシーンが多くあると愛し合っている感じが表現出来る」と書いたが、
このシリーズは単にキスをしているだけ。感情のないキス。
お母さんを愛し、息子を愛しているキスではない。これではダメ。
キスにも演技力が必要なのか。

ちなみに、SEX中に「あーヤバイ♪」を連呼するお母さん。
お母さんが「ヤバイ」なんて言葉を使うなよ。お母さんらしさが無くなる。
監督にそういうのを気にする感覚がないから困りもの。

母子相姦
この商品のサンプル動画(byFANZA)
この商品の詳細(FANZAへ移動)
【呼称】 「さとし」 「母さん」
【SEX中の会話量】 最少
【SEX中の主導権】 子
【母の声・口調】 普通
【母性度】 最低
【背徳度】 無し

公然わいせつ中出し 青姦調教された義母 栗山香純

母子相姦【ストーリー】 年の離れた夫と再婚した香純には家族に秘密にがあった。それは家族の留守中に別の男を招き入れたびたび肉体関係を持っていること。ある日運悪くそれが義息の翔太にバレてしまう。尊敬する父への裏切りを目の当たりにし激昂した翔太は、禊と称した義母への更生調教を画策。夫に知られたくない一心で義息の変態的命令に従う香純だったが、羞恥に塗れた仕置きを受け入れるうちに体験したことのない性的刺激と快楽感が芽生え始め…。



<帰宅した息子 人気のない家の裏へ歩いて行く母と見知らぬ男を見つけ後を追う>
venu00578-2
「旦那さん大丈夫なの?」 「今仕事中だから」 浮気相手とSEX開始
venu00578-3
「あーヤバイ♪」 「そんなに声出すと近所の人に聞こえるだろ?」
venu00578-5
「あーヤバイ♪イッちゃいそう♪」 「出してやるからな」 中出し。
「どうだ?良かったか?」 「うん♪すごい気持ち良かった♪」
「またしてあげるから」 「またいっぱいよろしくね♪」 



<ある日 洗濯物をたたむ母 そこへ息子が来て>
「あら、しょうたどうしたの?」 「今日父さんは?」
「お仕事だけど」 「そう。今日はあの男の人来ないの?」
「え?」 「僕らに内緒であの男の人と会ってるでしょ?」
venu00578-7
「何で父さんが居るのにあんな事するんだよ!」 襲い掛かり手マン&クンニ
venu00578-8
強引にフェラ 「オチンチン好きなんだろ?男なら誰でもいいんだろ?いっぱい咥えろよ!」
そして口内射精。 「これからは俺の言いなりだからな!調教してやるよ!」



<母を物置に監禁する息子 「母さんそんなに睨まなくてもいいじゃん」>
venu00578-9
「そんなにエッチな事したいなら今からしようか。じゃ母さんオナニーしてよ」
venu00578-10
「断るとずっとここ(物置)で暮らす事になるよ母さん」 オナニーを強要
「イク時はイクって言えよ母さん」 「もうイキそう。あーヤバイ、イク」 果てる母

「もう我慢出来なくなっちゃったよ」 扉を閉める息子。(中でSEXを始めている声)



<庭で母に首輪をつけて四つん這いで歩かせる>
venu00578-12
「これからは俺の言う事は何でも聞くよな?母さん」
venu00578-14
「遠くで誰か見てるかもしれないよ母さんのオマンコ」 「あんヤバイ♪もうイキそう♪」
venu00578-15
フェラ→69 「チンチン美味しい?」 「・・・美味しいです」 「じゃこれから毎日しゃぶってくれよ」
venu00578-17
「そろそろ交尾の時間だよ。ご褒美のオチンチンだよ」 正常位→バック→立ちバック
venu00578-18
騎乗位→背面騎乗位 「ちゃんとイク時はイクって言うんだぞ母さん」 「あーイク♪」
venu00578-20
正常位 「あーヤバイ♪」 「いいの?近所の人たちに聞こえちゃうよ」 「もうダメ♪イクー♪」
「俺にもイカせてくれよ。いいだろ?」 「はい」 「俺もうイキそう」 「中はダメー」 中出し。



【評価】
「あーヤバイ♪」を連呼するお母さん。
お母さんがヤバイなんて言葉使うなよ。腹立つわ。監督も注意しろ。
それ以外は、「もうダメ♪イッちゃう♪」 これしか言わないし。

青姦とは言うけど、家の庭だし緊迫感もないし、
青姦のエロさ・変態さが全く表現出来ていない。何が「公然わいせつ」だよ?

こういう演技力のない女優さんには青姦なんてハードな設定は向いていない。
監督の演出力のなさ、人選力のなさ、どうしようもない。

母子相姦
この商品のサンプル動画(byDMM)
この商品の詳細(DMMへ移動)
この商品の詳細(DUGAへ移動)
【呼称】 「しょうた」 「母さん」
【SEX中の会話量】 最少
【SEX中の主導権】 子
【母の声・口調】 普通
【母性度】 低
【背徳度】 無し
注意事項
≪フルブラウザ閲覧推奨≫
このサイトはリンクフリーです。
18歳未満は閲覧禁止。
18禁
ここはAVメーカーに
より良い作品を作って貰う為の
警鐘を鳴らすサイトです。

当サイトはストーリーと
親子らしさ・SEX中の会話を
重要視したレビューの為、
演技力・体位・アングル等の
評価は甘い事をご理解ください。

≪記事中のレビュー詳細≫

【呼称】
相手を何と呼ぶか。
もし自分の名前だったら買い!?

【SEX中の会話量】
近親相姦物には必須。
[最多・多・中・少・最少]で評価。

【SEX中の主導権】
どちらが責め・受身か。
精神的な主導権を重視。

【母の声・口調】
[色っぽい・甘い・優しい・普通・きつい]で評価。

【母性度】
お母さんらしさ・雰囲気を評価。
[最高・高・中・低・最低]で評価。

【背徳度】
作品全体の背徳感。

アンケートにご協力ください
「どこまでが母子相姦AVなのか」
こちらの記事を参考に
投票願います
お知らせ&独り言
今頃TOP PAGEボタン設置
2019.7.27

FANZAって何?
DMM R18でいいじゃん。
2018.8.4

アンケートにご協力ください
今後のレビューの
参考にさせていただきます
2018.6.2

いよいよW杯まであと1カ月。
あのバカ企画を執筆中。
「AV熟女優 日本代表発表」
2018.5.16

今更カテゴリーを細分化。
不正確な場合もあります。
2017.12.1

レビュー希望作品が
ありましたら
お知らせください。
(お約束は出来ませんが)
2016.10.9

本日よりFC2ブログから
ライブドアブログに引越しして
レビュー再開。
よろしくお願いします。
2016.4.1
記事検索
カテゴリー
RSS
RSS
メッセージ

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ