母子相姦AVレビュー

母子相姦AVファンの『レビューは俺たちの欲する情報を!』 …という期待に応えたい。

母のうなじ

還暦近親相姦 母のうなじ 松原ちとせ

【ストーリー】
ある暑い日のことです。母さんが僕に汗を拭いて欲しいとお願いしてきました。母さんのうなじに性的な魅力を感じていた僕は、その艶かしい肌に触れているうちに興奮してしまい、そのまま胸にまで手を伸ばしてしまいました。ところが母さんはその行為を許してくれて…。徐々に過激になっていく僕の悪戯を母さんは今も受け入れてくれます。でも、僕はもっともっと母さんとエッチなことがしたいと思っています…。


<「身体拭いてくれる?」これが全ての始まり>
h_086land00008-1.jpg「母さん肌キレイだね」h_086land00008-2.jpg「もうダメ」と言いつつ

このまま何も起こらずフェードアウト。



<母が入浴中に息子入ってきて 「身体洗ってあげるよ」>
h_086land00008-3.jpg「いいわよ」拒むがマッサージと称して触りまくる
h_086land00008-5.jpg「こんなになっちゃって…じゃ母さんがしてあげる」 変わり身早っ
h_086land00008-6.jpg口内射精。精子胸に塗りたくる。「お母さん変になっちゃいそう」



<お風呂上り>
h_086land00008-8.jpg涼んでいるがなぜか h_086land00008-9.jpgオナニー始める



<お風呂掃除中に息子登場し 「さっき一人でしてたでしょ?」>
h_086land00008-10.jpg「こんないやらしい下着して僕の事誘ってたの?」 「そんな事ない」
h_086land00008-11.jpgチンコを胸に擦り付けたり尻素股したりして
h_086land00008-13.jpg「お母さんが気持ちイイ事してあげる♪」 足コキですか
h_086land00008-14.jpg最後は手コキだが、息子が自分で手コキして胸へ射精。



<母が入浴中にまた息子入ってきて>
h_086land00008-15.jpg「まだ何か足りないの?」 「母さんが欲しいんだ」
h_086land00008-16.jpgアナル舐めもあり   h_086land00008-17.jpgフェラ後、69もあり
h_086land00008-19.jpgなんか事務的な流れるプールのような感情のないSEX
h_086land00008-20.jpg最後は中出し。「中に出しちゃったの?」 「出しちゃった」



【評価】
若い頃は可愛かったんだろうなと思わせる優しそうなお母さん。

だけど不自然なんだよなー。母子相姦への導入が。
初めは身体を触られるのを嫌がっていたのに触られ続けてたら感じだし、
自分で手マンし始めて、手コキ→フェラへと息子のチンコをいとも簡単に。

風呂場中心のプレイ。でもなぜ風呂場にこだわったんだろう?
「母のうなじ」だけに風呂場なら見せやすい?全然うなじ強調してないけどね。
まぁ強調するもしないもただのタイトルに過ぎないのかな。

展開がダラダラ。前戯・ペッティングに時間かけ過ぎ。

容姿はお母さんらしくて母性もありそうなのに、演技は特別下手ではないんだけど、
なんて言うのか、ただ事務的に行なわれていると言いましょうか。
喘ぎ声は出しているが感情は出ていないと言いましょうか。

素材を活かしきれていない残念な作品でした。

母子相姦
【呼称】 「なおき」 「母さん」
【プレイ中の会話量】 少
【プレイ中の主導権】 子
【母の声・口調】 普通
【母性度】 中
【背徳度】 無し
DL購入をお考えの方(byDMM)
画像クリックで拡大  

五十路近親相姦 母のうなじ 美幸

【ストーリー】
母の入浴姿を覗くことが日課となっていた息子のタケル。ある日、いつものように風呂を覗いていると「体を洗ってあげるから入ってきなさい」と一緒に入浴することになり、一糸まとわぬ母のしなやかな肢体を目の前に思わず勃起してしまう。「母さんの裸で興奮したことがバレてしまう」。しかし、焦るタケルとは対照的に、母は優しい表情で股間に手を伸ばし…。


<友達と熟女エロ本を読書中、買い物を頼む母>
h_086land00007-1.jpg友達と買い物に行かせh_086land00007-2.jpg隠したエロ本見つけて
h_086land00007-3.jpg「なんかムラムラしてきちゃった」 オナニー。



<母が入浴中、脱いだ下着を嗅ぐ息子。そこへ「一緒に入りたい?」と母>
h_086land00007-4.jpgチンコも洗ってあげて h_086land00007-5.jpg「今度は僕が」と言いつつ
h_086land00007-6.jpg手マン&クンニ後、「我慢できない」 「…じゃお口で」 口内射精。



<後日、また友達と熟女エロ本を読む息子。(クサイ演技あり)>
<「もう1冊ある」とバックの中を探すが無いので本屋に忘れたと本屋に戻る息子>
<友達は部屋に残るが・・・>



<母入浴中に人影が。「たける?この前はチンチン気持ちよくしたけどもうダメよ」>
h_086land00007-7.jpgそこに居たのは友達でした。「話は聞かせてもらったよ」
h_086land00007-8.jpg弱みに付け込み陵辱する友達
h_086land00007-9.jpg息子の時と同じような流れで、口内射精。



<息子帰宅して、「あれ?友達は?」「帰ったわよ」>
h_086land00007-10.jpg「今日もお風呂入ろうよ」h_086land00007-11.jpg「キスしよ?」拒むが
h_086land00007-12.jpg「もうダメ母さんおかしくなっちゃう」 体中を舐め回す息子
h_086land00007-13.jpg「お口でしてあげるから」 「また口?口じゃ我慢できないよ」
             「・・・ここじゃダメ、じゃお部屋で」



<寝室にて。「・・・ダメ」「ダメってここまできてダメはないじゃん」>
h_086land00007-14.jpgキスから体中を舐め回しh_086land00007-15.jpg「すごいキレイだよ」
h_086land00007-17.jpg「もう我慢できないよ」  h_086land00007-18.jpg無言でただ喘ぐのみ
h_086land00007-20.jpg正常位→騎乗位→バック→正常位で中出し後、局部アップ。



【評価】
初めは息子、次に友達と、相手が違うとはいえ、
浴室で母への愛撫とフェラ口内射精という、
同じようなシーンを連続で見せるのはいただけない。

この女優さんは拒み方が下手。
「え~でも~」と少し困った顔で優柔不断さを出す。
優しいからそうなのかもしれないけど、初めはキッチリ拒まないと。
禁断の近親相姦をしようとしているんだよ?
簡単に受け入れてしまうと背徳感が出ない。

それに、SEX中の会話もほとんど無い。ただ喘ぐだけ。
だから、ただの熟女物を観ている感じ。

この女優さん新人では無いよね。なのにこの程度か・・・。
なら監督が演技指導せい。カンペに書いてセリフ言わせろ。何の為の監督だよ?

巨乳だし、容姿はお母さんらしいのに。もったいない。

あと、タイトルの「うなじ」は何も意味が無い。
入浴シーンで髪をアップにしてるから?それだけ?ふざけんな。

近親相姦
【呼称】 「たける」 「母さん」
【プレイ中の会話量】 最少
【プレイ中の主導権】 子
【母の声・口調】 普通
【母性度】 中
【背徳度】 無し
DL購入をお考えの方
画像クリックで拡大
注意事項
≪フルブラウザ閲覧推奨≫
このサイトはリンクフリーです。
18歳未満は閲覧禁止。
18禁
ここはAVメーカーに
より良い作品を作って貰う為の
警鐘を鳴らすサイトです。

当サイトはストーリーと
親子らしさ・SEX中の会話を
重要視したレビューの為、
演技力・体位・アングル等の
評価は甘い事をご理解ください。

≪記事中のレビュー詳細≫

【呼称】
相手を何と呼ぶか。
もし自分の名前だったら買い!?

【SEX中の会話量】
近親相姦物には必須。
[最多・多・中・少・最少]で評価。

【SEX中の主導権】
どちらが責め・受身か。
精神的な主導権を重視。

【母の声・口調】
[色っぽい・甘い・優しい・普通・きつい]で評価。

【母性度】
お母さんらしさ・雰囲気を評価。
[最高・高・中・低・最低]で評価。

【背徳度】
作品全体の背徳感。

アンケートにご協力ください
「どこまでが母子相姦AVなのか」
こちらの記事を参考に
投票願います
お知らせ&独り言
今頃「管理人が選ぶベター作品」リンク設置
2021.7.7

今頃HISTORY VIEW設置
2020.4.11

今頃TOP PAGEボタン設置
2019.7.27

FANZAって何?
DMM R18でいいじゃん。
2018.8.4

アンケートにご協力ください
今後のレビューの
参考にさせていただきます
2018.6.2

いよいよW杯まであと1カ月。
あのバカ企画を執筆中。
「AV熟女優 日本代表発表」
2018.5.16

今更カテゴリーを細分化。
不正確な場合もあります。
2017.12.1

レビュー希望作品が
ありましたら
お知らせください。
(お約束は出来ませんが)
2016.10.9

本日よりFC2ブログから
ライブドアブログに引越しして
レビュー再開。
よろしくお願いします。
2016.4.1
記事検索
一目で分かる
カテゴリー
アーカイブ
管理人が選ぶベター作品
RSS
メッセージ

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ