母子相姦AVレビュー

母子相姦AVファンの『レビューは俺たちの欲する情報を!』 …という期待に応えたい。

母!溺愛

母!溺愛 艶めかしい肢体の五十路美人ママと……トロける近親相姦ライフ 牧原れいこ

母子相姦【ストーリー】
息子の宏彰と母・れい子は、肉体関係を結んでいる偏愛母子だ。毎日毎日、朝一番でじゅっぽりフェラチオ、一緒にお風呂に入り、勃起するイチモツをねっとり洗いディープキス。熟マンいじりオナニーをし喘ぎ声を家中に響かせたら、寝込みを襲って濃厚セックス。宏彰とセックスをする事こそが愛情だと疑わない五十路の美人ママは、カラダをねじらせ汗をかき濃厚にまぐわい続ける……。阿鼻叫喚の近親相姦絵巻。


<ある朝 息子を起こしに来た母 「ほら起きなさい♪ひろあき♪」>
cs_rby2405_01
チンコを触る 「ここは起きてるかな?ひろあきよりも早起きしてるよここ♪」
cs_rby2405_02
「舐めちゃおうかな♪ひろあきの坊やにキスしちゃおうかな♪」 フェラ
cs_rby2405_04
目覚める息子 「母さん?何してるの?」 「気持ちいい?おはよう♪」
キスしながら手コキ 「どうしたの?出ちゃうの?じゃお母さんのお口に出していいよ♪」
「あー出ちゃう」 口内射精。
「あーこんなに出ちゃった♪いっぱい出た♪敏感なの?カワイイ♪可愛くて大好き♪」



<2人で入浴 息子の身体を洗ってあげる母>
cs_rby2405_06
「勃起しちゃった♪」 「あーダメ。気持ちいい母さん」 
cs_rby2405_09
母の身体を洗ってあげる息子 チンコでお尻を洗う 「何かヌルヌルしてて気持ちいい♪」
キスして終了。(射精シーンなし)



<寝室にて 「ひろあきカワイイなぁ♪お母さん大好き♪」 「僕も大好きだよ」 「嬉しい♪」>
cs_rby2405_11
「ねぇ♪する?」 「何を?」 「いつもしてるじゃない♪気持ちいい事する?」 SEX開始
cs_rby2405_13
一連の愛撫→フェラ&手コキ 「お母さんのマンコに入るの?これ♪」
cs_rby2405_18
「ほら♪オマンコ舐めて♪」 「舐めたい」 クンニ 「入れてお願い♪良い子だから♪」
cs_rby2405_22
正常位→バック→背面騎乗位→騎乗位 「オマンコの中で動いてる♪あー硬い♪」
cs_rby2405_24
正常位 「もうイッちゃいそう」 「出して♪出して♪お母さんにぶっかけて♪」 胸に射精→キス。



<息子に食事を食べさせる母 「ひろあきいっぱい食べてね♪おいちい?おいちいね♪」>
cs_rby2405_26
『私は息子のひろあきと2人暮らしている。私はひろあきを溺愛している。
もう息子としても男としても大好き。私はひろあきを溺愛しているのです・・・』



<就寝時 寝室で母は悶える 「あーひろあき♪」>
cs_rby2405_27
「オマンコ熱いの♪ひろあき♪ここ触って欲しい♪」 オナニー開始
cs_rby2405_30
途中からローターオナニー 「後ろから入れて♪オマンコに入れて♪」 そして果てる。



<またある朝(翌朝?) 息子を起こしに来た母 「ひろあき?寝てるの?寝てるのかな?」>
cs_rby2405_32
「起きて♪ダメか・・・じゃあ♪」 パジャマ脱がして乳首舐め すると目覚める息子
cs_rby2405_35
「母さんこれ大好きなの♪欲しくて欲しくて我慢出来なくなっちゃったの♪」 フェラ
cs_rby2405_38
69→顔面騎乗 「ねぇお願いがあるの♪ひろあきのオチンチンをオマンコに入れていい?」
cs_rby2405_41
騎乗位→背面騎乗位 「これ♪これが欲しかったの♪オチンチンオマンコの中でビクビクしてる♪」
cs_rby2405_44
バック 「オマンコの奥に当たって気持ちいい♪あーもうダメ♪イキそう♪しびれる♪」
cs_rby2405_48
「あー母さんもう出ちゃいそう」 「出ちゃう?出して♪出してオマンコに♪」 中出し
「ひろあき大好き♪母さんひろあきの事大好き♪ひろあきは?」
「お母さんの事大好き」 「本当?お母さんも大好き♪」 キス。



【評価】
タイトル通り、息子を溺愛していて興奮出来る。お母さんの容姿も魅力的で口調も優しい。

だけど、入浴シーンから夕食シーンまでのストーリー展開がおかしい。
入浴している時間帯はいつなんだろう?朝に入浴してるのかな?それとも日中?夜?
その次に、お母さんの寝室でパジャマ姿の息子とSEXするけど、これは夜だよね。
またその次は、パジャマ姿の息子と食事?背景を見ると夜なので夕食だよね。

起床時フェラ→入浴時愛撫→夕食前SEX→夕食→就寝前オナニー→起床時SEX

何?この順番。夜にSEXをした後に夕食?これ逆じゃない?
夕食を食べた後にSEXの方が良いと思うけど。

そもそも一番不可解なのは、息子はパジャマ姿でSEXと食事をしている事。
パジャマを着ていなければ何とも思わないストーリー展開だったのに。
なぜ監督は息子にパジャマを着させたのか。
パジャマではなく制服かスーツ姿で、息子が帰宅後にSEXした方が良いと思うが。

・・・私のこの説明じゃ意味が分からないかな?作品を見ないとこの違和感は伝わらないかも。

それと、お母さんのオナニーシーンは無くても良いと思う。
オナニーするほど息子の事が好きなのは分かるが、
毎日のようにSEXしているならその必要はないはず。

もし、それでもオナニーシーンを入れたいなら、
最初と最後のSEXシーンが同じ起床時にしているのは似ていてマンネリになるので、
最後の起床時SEXの代わりに、就寝時にSEXすれば良かったのに。
オナニーでは我慢出来ないから息子の寝室に忍び込むという設定に。

でもそれだと、本編中盤にある夕食前のSEXとその就寝時のSEXが似てしまうから、
起床時→入浴時→帰宅時→夕食時→就寝前オナニー→就寝時にするか、もしくは、
起床時→帰宅時→夕食時→入浴時→就寝前オナニー→就寝時の方が、
無理のない一日の展開になったと思うが。

長々と解説したけど、簡単に言うと一日の展開をこうしないとおかしいぞって話。
それとも、日々の一編一編を集めたオムニバスだと思えば、この変な展開のままでも良いのかな?

SEX中の淫語の量は問題ないけど、もう少し背徳的な言葉が欲しかった。
「ひろあきの・・・」と名前を呼ぶだけでなく、
「息子の・・・」とか「親子でこんな事を」とか客観的な言い方でも良いし、
中出しするなら「赤ちゃん作ろうか♪」とか言って欲しかった。

まぁ基本的にはお母さんが淫語を喋ってくれれば良いんだけど、少しは息子も喋って欲しい。
「お母さんのオマンコが」とか、「こんな事世間にバレたら」とか。

リアルに考えれば毎日のようにSEXしているならそんな言葉は使わないでしょうけど、
これはAVであってユーザーを興奮させる為には背徳的な言葉を使わなければダメ。

母子相姦

この商品の詳細(DMMへ移動)
この商品の詳細(DUGAへ移動)
【呼称】 「ひろあき」 「母さん」
【SEX中の会話量】 中
【SEX中の主導権】 母
【母の声・口調】 甘い・優しい
【母性度】 高
【背徳度】 無し

母!溺愛 息子のチ○ポに夢中な……色気と美貌を持つ五十路手前の淫らママ 烏丸まどか

母子相姦【ストーリー】
一人息子と母子家庭を築く母・まどかは、息子を異常なほどに愛している。ただ自分の子供であるからではなく、カラダとカラダを熱く交わらせてしまうほどに。男根を唾液まみれにしフェラチオ、一緒にお風呂に入り肉体と肉体を擦り合わせて感じ、熟れたマン肉をこねくり廻して息子の名を囁きながらオナニー。そして汗と体液を滲ませながら濃厚なセックス……。異常な母子愛は果てしなく続く。


<息子を起こしに来た母 「けんちゃんまだ寝てるの?もうお昼だよ♪」>
cs_rby2377_01
「寝顔カワイイ♪柔らかい唇♪食べちゃいたいな♪キスしちゃうかな♪」 キスする
「こんなに硬くなって♪パンパンで苦しそう♪」 フェラ すると目覚める息子
cs_rby2377_03
「ママどうしたの?」 「起きちゃったの?いいのよそのままで♪」 フェラを続ける
「我慢しないで♪ママのお口にいっぱいちょうだい♪」 口内射精→手コキ&フェラを続ける
「まだこんなにビンビンよ♪汚れちゃったからお風呂入ろうか♪」 キス。



<2人で入浴 「ママいっぱい舐めたからキレイにしないと♪」 息子を洗ってあげる>
cs_rby2377_06
手コキ洗い 「洗ってるだけでビンビンになっちゃったね♪」
cs_rby2377_09
尻コキ 「あん♪ママも気持ち良くなっちゃう♪」
「ママの手で気持ち良くしてあげる♪」 最後は手コキ射精。
「さっき出したばっかりなのにたくさん出ちゃった♪」



<寝室で息子を招き入れる母 「けんちゃん♪いらっしゃい♪」>
cs_rby2377_13
「私の大好きなけんちゃん♪エッチしましょ♪」 SEX開始
cs_rby2377_18
一連の愛撫をして クンニ&手マン 「けんちゃん愛してる♪」
cs_rby2377_22
フェラ 「そんなにすると出ちゃう」 「ママのお口で出す?ママのオマンコの中でもいいのよ♪」
cs_rby2377_26
「けんちゃんちょうだい♪ママのオマンコに入れて♪早く♪」 正常位→対面座位→騎乗位
cs_rby2377_32
バック→正常位 「けんちゃんママイッちゃう♪そんなに激しくしたらイッちゃう♪」
「ママ僕もイキそう。いい?」 「ママもイクー♪」 胸に射精→お掃除フェラ
「あー美味しい♪けんちゃん愛してる♪」 キス。



<悶える母 「ねぇけんちゃん♪おっぱい揉んで♪」>
cs_rby2377_34
「けんちゃんママのここ見て♪すごい熱くなってるのよ♪」 オナニー開始
cs_rby2377_37
「けんちゃん♪もっと激しくして♪あーすごい♪ママイッちゃう♪」 果てる。



<ランジェリー姿の母 眠る息子の部屋へ すると目覚める息子>
cs_rby2377_38
「けんちゃんが欲しい♪」 「すごい格好」
「そうよ♪けんちゃんの為に買ったの♪けんちゃんに見て欲しくて♪」 SEX開始
cs_rby2377_42
一連の愛撫をしてフェラ 「美味しい♪けんちゃんのオチンチン最高♪」
cs_rby2377_45
「けんちゃん♪ママのも舐めて♪」 69→顔面騎乗 「ちょうだい♪けんちゃん♪」
cs_rby2377_46
背面騎乗位→騎乗位 「けんちゃん♪ママすごい気持ちいい♪」
cs_rby2377_49
正常位 「あーママもう出ちゃいそう」 「いっぱい出して♪ママの中で出して♪」 
「いいの?ママイクよ」 「いっぱいちょうだい♪」 中出し→お掃除フェラ。
「美味しい♪全部一滴残らず吸い取ってあげるからね♪」



【評価】
タイトル通り、息子を溺愛している感じが出ていて非常に興奮出来る作品。
演技も問題なく、母性・優しさ・エロさを感じるお母さん。

ストーリー(経緯)説明をする余計なナレーションはなく、すぐに行為が始まる。
なので、もう母子相姦がエスカレートしている状態なのかと推測出来る。

こういうシンプルな始まり方の方が良かったりするし興奮もしやすい。
駄作に限って余計なナレーションを入れたり前フリが長かったりするからね。

SEX中の会話(淫語)も多く、「けんちゃん愛してる♪」と、
ストレートな愛情表現をしている所も良い。

オナニーシーンも息子を想いながらするので無駄のないシーンになっている。
これも駄作に限って、ただ喘ぎながらオナニーする無意味なシーンになりがちだし。

お母さんから求めてくるのが好きな受け身なマザコンユーザーにはオススメな作品。
あとは、お母さんの容姿が好みかどうか。

【余談】
思えば、近親相姦物というかAV全般、「愛している」という言葉を殆ど使わないよね。
「大好き」ではなく「愛している」。
たまにナレーションで、「○○を愛してしまいました」なんて言う事はあるけど、
SEXしながら面と向かって言う事はほぼないと思うが。
それがストーリー性のある作品であっても、ベテラン女優・男優であっても。
なぜなんだろうね?疑問でしょうがない。言えば良いじゃん。何か問題ある?

母子相姦

この商品の詳細(DMMへ移動)
この商品の詳細(DUGAへ移動)
【呼称】 「けんちゃん」 「ママ」
【SEX中の会話量】 多
【SEX中の主導権】 母
【母の声・口調】 普通
【母性度】 高
【背徳度】 少しある
注意事項
≪フルブラウザ閲覧推奨≫
このサイトはリンクフリーです。
18歳未満は閲覧禁止。
18禁
ここはAVメーカーに
より良い作品を作って貰う為の
警鐘を鳴らすサイトです。

当サイトはストーリーと
親子らしさ・SEX中の会話を
重要視したレビューの為、
演技力・体位・アングル等の
評価は甘い事をご理解ください。

≪記事中のレビュー詳細≫

【呼称】
相手を何と呼ぶか。
もし自分の名前だったら買い!?

【SEX中の会話量】
近親相姦物には必須。
[最多・多・中・少・最少]で評価。

【SEX中の主導権】
どちらが責め・受身か。
精神的な主導権を重視。

【母の声・口調】
[色っぽい・甘い・優しい・普通・きつい]で評価。

【母性度】
お母さんらしさ・雰囲気を評価。
[最高・高・中・低・最低]で評価。

【背徳度】
作品全体の背徳感。

アンケートにご協力ください
「どこまでが母子相姦AVなのか」
こちらの記事を参考に
投票願います
お知らせ&独り言
今頃「管理人が選ぶベター作品」リンク設置
2021.7.7

今頃HISTORY VIEW設置
2020.4.11

今頃TOP PAGEボタン設置
2019.7.27

FANZAって何?
DMM R18でいいじゃん。
2018.8.4

アンケートにご協力ください
今後のレビューの
参考にさせていただきます
2018.6.2

いよいよW杯まであと1カ月。
あのバカ企画を執筆中。
「AV熟女優 日本代表発表」
2018.5.16

今更カテゴリーを細分化。
不正確な場合もあります。
2017.12.1

レビュー希望作品が
ありましたら
お知らせください。
(お約束は出来ませんが)
2016.10.9

本日よりFC2ブログから
ライブドアブログに引越しして
レビュー再開。
よろしくお願いします。
2016.4.1
記事検索
一目で分かる
カテゴリー
アーカイブ
管理人が選ぶベター作品
RSS
メッセージ

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ