母子相姦【ストーリー】
いつも未帆の入浴を覗いていた義理の息子タケシ。ある日、タケシが未帆の下着でオナニーをしていると、その姿を未帆に目撃されてしまう。タケシは未帆に自分の邪な感情を吐露し、オナニーの続きを欲求する。イケナイ事だと分かっていながらも未帆は拒めきれず、二人は夫に秘密の関係を繰り返すようになっていくのであった…。


<入浴する為に脱衣する母 それを覗く息子>
cs_dven0811_01
そして入浴中、息子は母が脱いだ下着の匂いを嗅ぎ、風呂場を覗く
するとシャワーオナニーをする母を目撃
その後、風呂から上がった母は下着がない事に気付く。



<息子の部屋を覗いてみると、なくなった下着でオナニー中の息子を目撃>
cs_dven0811_03
「たけし君、それ私の下着」 「ごめんなさい」
「どうして?」 「未帆さんの事が気になって仕方がなかったんだ」
「僕見てたんだ。いつも風呂場で未帆さんオナニーしてるの」
「え!?見てたの?」 「僕知ってるんだ。父さんが忙しくて未帆さんが欲求不満なの」
襲い掛かる息子
cs_dven0811_05
「ダメよ私達親子なのよ?」 手マン&クンニ→フェラ 「ずっとしたかったんでしょ?」
cs_dven0811_06
「いいでしょ?」 「ダメ」 拒むがバックで挿入→正常位→騎乗位 途中から感じ始める母
cs_dven0811_08
「ダメイッちゃう♪」 「もう我慢出来ない。あーイク」 正常位で中出し。
「ごめんなさい」 「いいのよ。今の2人だけの秘密ね」 「分かりました」



<風呂掃除をする母 そこへ息子が来て 「たけし君どうしたの?」>
cs_dven0811_09
母に迫る 「ダメよたけし君、お父さん隣に居るのよ」 「大丈夫だよ」
「それにあれっきりって言ったでしょ?」 「我慢出来ないんだよ」 チンコ触らせる
cs_dven0811_10
「お父さんに聞こえちゃうよ」 「だったら早くしてよ」 「・・・じゃ口だけだよ」
フェラして口内射精。 「すごい気持ち良かったよ」 「でももうこれっきりだよ」 
「えー?やだよ。まだ足らないよ。いいでしょ?」 「ダメだよ」



<入浴中の母 「たけし君・・・たけし君・・・」 オナニーを始める母>
cs_dven0811_11
そこへ息子が入って来て 「未帆さんお風呂でオナニーするの好きだね」 「やだ、たけし君」
cs_dven0811_12
「お願い。エッチな未帆さんのオナニー見せて。いいでしょ?」 仕方なくオナニーを見せる
cs_dven0811_15
その後、母の身体を洗ってあげる 「もうたけし君エッチなんだから♪」
cs_dven0811_16
「舐めちゃうよ♪」 フェラしてあげる 「そんなに激しくしたら出ちゃうよ」 「まだダメ♪」
cs_dven0811_17
「どうしたいの?」 「入れて♪お願い♪」 立ちバック→背面座位→立ちバック→バック
cs_dven0811_20
背面座位→側位→正常位 「たけし君気持ちいい♪あーダメ♪イッちゃう♪」
「もう我慢出来ない。いいですか?」 「いいよ♪」 中出し。
「たけし君いっぱい出たね♪」 「気持ち良かったよ」 「私も気持ち良かった♪」
キスして抱き合う。



【評価】
分かっていた事だけど、お母さんらしさは全くない。
若い女優さんだし、関係性は義母だし、息子はお母さんの事を「未帆さん」と呼ぶし。

演技もイマイチ。息子から求められても、「ダメ、ダメ」を繰り返すのみ。
オナニー中も、「たけし君・・・たけし君・・・」と繰り返すのみ。
そしてSEX中も、「気持ちいい♪」と、ただ喘ぐのみ。

そもそも、この女優さんにこの役をやらせる事自体が間違っている。
自分がお母さんである事と、母子相姦の世界をあまり理解出来ていない感じ。
いかにもやらされているだけ。

ストーリー展開もそう。
お父さんが隣の部屋に居る事を気にしているけど全くその緊迫感がないし。

これは母子相姦ではない。お父さんの後妻とSEXする感覚。

母子相姦
この商品のサンプル動画(byDMM)
この商品の詳細(DMMへ移動)
この商品の詳細(DUGAへ移動)
【呼称】 「たけし君」 「みほさん」
【SEX中の会話量】 最少
【SEX中の主導権】 子
【母の声・口調】 普通
【母性度】 最低
【背徳度】 無し